ジュエリー以上バッグ未満の“お目立ち具合”がちょうどいい。今年のクリスマスはセリーヌのベルトにロックオン


クリスマスが近づくと、“大切な人へ”だけではなく、“自分へ”のプレゼントも気になってくるもの。



今年は何を選ぼうか、そろそろリサーチを始めている方も少なくないのでは?



「せっかくなら、1年がんばった自分へのご褒美も兼ねて、憧れブランドのアイテムをゲットしてみたい」と思っている方へ、「CELINE(セリーヌ)」「トリオンフ ベルト」をご紹介。



1点投入するだけで確実にコーデを格上げしてくれるから、きっと買って損はないはずです!



“凱旋門のチェーン”から発想を得た「トリオンフ」って知ってる?





@miyuu_world / Instagram



セリーヌのシンボルマーク「トリオンフ」。フランス語で「凱旋」という意味を持つ言葉です。



ブランドの発祥地であるフランス・パリの凱旋門をぐるりと囲む“チェーン”の模様からインスピレーションを受け、誕生したのだとか。



マーク自体の歴史は長いものの、2019年春夏コレクションより同ブランドのクリエイティブ・ディレクターを務めるエディ・スリマン氏のコレクションから、再び注目されるようになりました。



トリオンフ ベルト/セリーヌ





@2_9_6_8 / Instagram



そんなトリオンフマークがゴールドのバックルとしてあしらわれた、「トリオンフ ベルト / スムースカーフスキン」(税込6万6000円)のインパクトは抜群。



セリーヌの頭文字「C」が2つ背中合わせになっているようにも見えますよね。





@maaanyaro / Instagram



ベルトを通すと、カジュアルなホワイトパンツもキュッと引き締まり、洗練された印象に。



バックルのゴールドはさまざまな色と相性がいいので、ポイントになりながらも、変に“浮いてしまう”ことはありません。



いつものプラスするだけでおしゃれに見えちゃう、優れものなんです。



細ベルトタイプならさらに取り入れやすいかも!





@_iamhal / Instagram



もう少し控えめに取り入れたいという方には、「スモール トリオンフ ベルト / スムースカーフスキン」(税込5万2800円)がおすすめ。



ベルト幅はわずか1.8cmと細めなので、さりげないアクセントとして活躍してくれます。



バランスの取りやすい細ベルトは、これからの時期、コートの上からギュッと締めてウエストマークに使うのもおすすめです。ガウンタイプのコートなら、付属のベルトと取り替えるだけでOK。とっても簡単なアレンジテクニックなので、ぜひ手持ちのコートとベルトでも試してみて。



柔らかな印象の『タン』も見逃せない





@_______0_9 / Instagram



トリオンフベルトはほかにも、パイソンやキャンバス生地など、素材違いが数種類ラインナップしています。



レザーの表面加工をおこなっていない「トリオンフ ベルト / ナチュラルカーフスキン」(税込6万9300円)は、革本来の味が感じられ、経年変化も楽しめるのが特徴的なタイプ。カラーは『タン』1色のみです。



『ブラック』よりも柔らかな印象の『タン』は、淡色にも馴染みやすく、きっとコーデにも取り入れやすいはずですよ。





@_miki0124_ / Instagram



ジュエリーよりはちょっぴり目立って、バッグやシューズよりも控えめに主張する、セリーヌの「トリオンフ ベルト」。



少し背伸びをして手に入れたアイテムは、きっとその分、この先も長く愛せるはずですよ。



ぜひ今年の“セルフクリスマスプレゼント”候補にチェックしてみてくださいね。





 




カテゴリ