International SAKE Challenge 2021で「郷 GRAND CLASS」が銅賞を受賞!

International SAKE Challenge 2021で「郷 GRAND CLASS」が銅賞を受賞!


津南醸造は、国際的日本酒コンテスト「International SAKE Challenge 2021」に自社ブランドの日本酒「郷(GO)GRAND CLASS」を出品し、純米大吟醸の部で銅賞を受賞した。

「郷(GO)GRAND CLASS」が銅賞を受賞


11月27日(土)、「International SAKE Challenge 2021」の結果が公表され、津南醸造の自社銘柄「郷(GO)GRAND CLASS」が純米大吟醸の部において銅賞を受賞したことが発表された。


豪雪地津南の中でもさらに山の奥にある津南醸造は、雪のめぐみ、大地の恵みをふんだんに受け、自然の力を蓄えた力強くも優しい味わいの日本酒を生み出している。2019年12月から経営改革を実施しつつ、従来の『霧の塔』ブランドに加えて、テロワール日本酒の新銘柄『郷(GO)』シリーズの発売を開始した。

香りや味わい、調和、気品など30点満点で評価



同コンテストには、大吟醸・吟醸、純米大吟醸、吟醸、純米、熟成、プレミアム、スパークリングの7部門がある。今年は日本人審査員7名により30点満点の詳細な評価表を用いて外観、香り、味わい、そしてそれらの総合的印象として調和と気品、精神的高揚感・充足感の有無も評価し、審査した。

本年度は各審査員が全ての酒を審査する方式で行われ、7部門合わせてトロフィー(11種)、金賞(21種)、銀賞(55種)、銅賞(56種)を決定した。

審査の結果は公式Webサイトに公開


審査の結果は、同コンテストのウェブサイトに英語と日本語で掲載されている。世界規模のワイン教育機関や北米・アジア・ヨーロッパの主要なワイン審査会、海外ワインメディア、そして世界の主要な日本酒輸入業者ならびに大使館と密接なつながりを持ち、審査結果を広める活動に取り組んでいく。

日本酒ファンは、今回の審査結果をWebサイトでチェックしてみよう。

International SAKE Challenge 2021 審査結果:http://www.sakechallenge.com/results.html
津南醸造 公式サイト:https://tsunan-sake.com
カテゴリ