フランスバターで至福のひとときを!初のコラボカフェを開催

フランスバターで至福のひとときを!初のコラボカフェを開催


Cniel(フランス全国酪農経済センター)が「Butter of Europe –フランスバターで至福のひととき–」ポップアップ・コラボカフェを12月1日(水)~6日(月)の期間、アフタヌーンティー・ラブアンドテーブル 表参道にて開催する。

ヨーロッパ産バターの販促キャンペーン



同コラボカフェはCnielが欧州連合による援助を財源として、アジア各国で3年間展開するヨーロッパ産バターの販促キャンペーンの日本における初のイベントだ。

フランス産バターは、フランス産乳製品の伝統と確かな品質を誇る、天然の脂質の源でビタミンAとDが豊富な、おいしいベーカリー製品づくりに欠かせない食材だ。

シェフたちのコメントも


フランス産バターの品質と特長は、アジア各国のシェフたちが自らの料理を通じてその卓越した有用性についてコメントしている。

日本の山口哲也シェフは「発酵の風味」にその差がある、と語っている。また「フランス産のバターは、低温殺菌していない牛乳を乳酸菌で発酵させて作られます。そのため、濃厚なミルクの風味を強く感じることができます。」とのコメントも。

ミニセミナーも開催



期間中は、山口哲也 シェフ、フレデリック・マドレーヌ シェフ、ナガタユイ氏、庭乃桃氏、大野有里奈氏を講師に迎えて業界関係者やインフルエンサー向けのミニセミナーも開催し、ベーカリー製品におけるフランス産バターの有用性やその様々な側面を紹介。

数量限定プレゼントも



同コラボカフェでは、フランス産バターのおいしさを発見、または再認識してもらえる、期間限定コラボメニューを提供する。また、来店者にはレシピブックや保冷バッグなどのオリジナルグッズとミニバターのサンプルを数量限定でプレゼントする。


待望の表参道のイルミネーションも12月1日(水)から始まった。この機会に、友人や家族と同コラボカフェに来店し、この季節にぴったりのフランス産バターメニューを楽しんで。

詳細及びコラボメニューについてはイベント公式サイトで確認を。

気になる人は「Butter of Europe –フランスバターで至福のひととき–」をチェックしてみて。

■「Butter of Europe –フランスバターで至福のひととき–」
会場:アフタヌーンティー・ラブアンドテーブル 表参道
住所:東京都渋谷区神宮前4-3-2

イベント公式サイト:https://butterofeurope.jp/
カテゴリ