自宅で湯煎するだけ!トルコ人シェフが作る、トルコ料理の本格的なコースが発売

自宅で湯煎するだけ!トルコ人シェフが作る、トルコ料理の本格的なコースが発売


ファーストクラス機内食の監修・調理を第一線で手掛ける世界各国のシェフ達が、五感を刺激する世界のフレーバーを届ける「WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)」から、トルコ料理の新メニューが登場!「トルココース 3品」が発売されたので紹介したい。

湯煎するだけでトルコ料理が楽しめる


「WRLD FLVRS」では、丁寧に下ごしらえした食材を真空パックし、正確な温度制御を用いてオーブンでじっくり低温加熱することにより旨味を閉じ込める為、素材本来の味が楽しめるのがポイント。商品は冷蔵状態で配送され、自宅で10〜15分湯煎するだけで本格的な世界のグルメメニューが完成する。

世界三大料理の一つであるトルコ料理の本格的なコース「トルココース 3品」2人前/¥4,320(税込)は、トルコ人シェフが作る本場のトルコ料理を、湯煎するだけでとても簡単に自宅で味わえる商品。アジアとヨーロッパの文化が混ざり合う、魅惑のトルコ料理を気軽に堪能できる。

トルココース 3品



「イティンヤール ピラサ(長葱の前菜)」は、トルコの家庭料理の定番。ほんのり甘酸っぱいソースで優しく煮込むことにより葱の甘みが引き出された、思わずほっとするような一品だ。レモンの爽やかな香りでさっぱりと味わうことができる。地元の千葉産ネギとにんじんを、甘さを引き出す為にゆっくり丁寧に調理した。


「メルジメッキ チョルバス(レンズ豆のスープ)」は、トルコの伝統的な料理の中でももっとも代表的と言えるスープで、通常、温かい前菜としてランチやディナーに提供される。一晩浸したレンズ豆を、さまざまな種類の地元の野菜やスパイスで調理しており、寒い冬にぴったり!


「ベーエンディ クズ(ラム肉のナスペースト添え)」は、オスマン帝国時代にスルタンに愛され食されてきた、トルコ料理に欠かせない味のひとつ。子羊はトマトベースのソースで長時間ゆっくりと調理され、臭みがなくしっとり柔らか。焼きナスのスモーキーな香りにエメンタールチーズとクリームのコクが合う、とろっとまろやかなベーエンディ(ナスのピューレ)と、柔らかく調理された羊肉が相性抜群だ。

詳しくは「WRLD FLVRS」ウェブサイトで確認を。

「WRLD FLVRS」ウェブサイト:https://wrld-flvrs.com/jp/
カテゴリ