食べて生産者を応援!新丸ビル「丸の内ハウス」にクリスマス期間限定メニューが登場

食べて生産者を応援!新丸ビル「丸の内ハウス」にクリスマス期間限定メニューが登場


新丸ビル7階の飲食店ゾーン「丸の内ハウス」の9店舗では、「Christmas Japan Dish!~ニッポンを食べることが、エールになる。~」と題し、12月6日(月)~25日(土)の期間限定で特別メニューを販売中。

昨年から続くコロナ禍の影響で長きにわたり打撃を受けた日本各地の食材生産者や卸売業者へ、世界中が愛で包まれるクリスマス期間に支援と感謝の気持ちを込め、日本各地の生産者や卸売業者による食材を使い、各店舗が趣向を凝らしたメニューを用意している。

各地の食材を使用した期間限定メニュー



『HENRY GOOD SEVEN』では、茨城県柳田農園とコラボレーションし、同県独自のいちごの品種“いばらキッス”を使用した「ストロベリーパフェ」1,200円(税込)を販売。


また『SO TIRED』には、長野県の信州地鶏“黒姫鶏”に熱した油を数回に分けてかけ、皮はパリッと、肉はジューシーに仕上げた「脆皮鶏(チョイピーカイ)(信州 黒姫鶏)」1,600円(税込)が登場する。


その他にも、期間中「丸の内ハウス」のシェフたちによるこだわりのメニューを販売することで、食材の生産者と卸売業者へ親愛の気持ちを込めた応援と支援を行う。

メニュー詳細はホームページをチェック



「Christmas Japan Dish!~ニッポンを食べることが、エールになる。~」のメニュー詳細は、「丸の内ハウス」ホームページにて公開中。なお、情勢により、急遽参加店舗や販売メニューが変更になる場合もある。


「丸の内ハウス」のクリスマス期間限定メニューを食べて、生産者を応援しよう!

メニュー詳細:https://www.marunouchi-house.com/event/2021/11/17949/
カテゴリ