梅酒造り50年以上、明利酒類の梅酒ヌーボー「百年梅酒 春花」が12月3日に解禁

梅酒造り50年以上、明利酒類の梅酒ヌーボー「百年梅酒 春花」が12月3日に解禁


50年以上梅酒を造り続けている明利酒類は、梅酒ヌーボー「百年梅酒 春花」720ml/1,500円(税別)を、12月3日(金)に発売した。

数々の梅酒コンテストで1位を受賞



こちらは、数々の梅酒コンテストで1位に輝いている「百年梅酒」ブランドの新商品「百年梅酒 春花」の“2022年水戸の梅大使着物柄バージョン”だ。

「百年梅酒 春花」は、今年6月に仕込んだ梅で造った、フレッシュで梅の香りを楽しめる新酒。

メインのモチーフとなった梅は「春花のさきがけ」というように厳寒の中で香り高く咲き始めることから尊ばれているそう。梅の名所である水戸で造った良質な梅酒を味わえる。

長年培った梅酒づくり


同社では、香料や酸味料無添加での「梅酒」造りにこだわっており、多くの人たちに本当に美味しい梅酒を届けたいという思いを込めているとのこと。

「梅香百年梅酒」は様々な梅酒大会で4冠を得ていて、国内をはじめ、台湾や香港などのアジアやヨーロッパの人たちにも愛されている。


国内産白加賀(約90トン)の梅が入荷されたら、味・苦味につながる汚れを丁寧に洗い落とし、同社独自のバランスで「梅実」「アルコール」「液糖」を配合し、仕込んでいる。


食事時やお風呂上がりなどに、美味しい梅酒で気分をリフレッシュしてみてはいかが。
カテゴリ