ドラマ『最愛』の吉高由里子さんが“最高のビジュアル”と話題。かわいい&きれいなメイクポイントを大研究!


現在、毎週金曜日に放送中のドラマ『最愛』。本格ミステリのストーリーと、吉高由里子さん演じる梨央(りお)、そして松下洸平さん演じる大輝(だいき)のピュアな恋愛模様に、すっかりハマっている人も多いはず。



ネットでは「犯人は誰!?」と考察が繰り広げられており、毎週話題になっていますよね。



今回は、『最愛』の吉高由里子さんのメイクについて大研究してみました!



“かわいい”と“きれい”の振り幅がすごい!




illustration by machi



今回のドラマでは、吉高由里子さんは高校生役から現代の大人の女性まで、幅広い年代を演じています。しかも、大人になった梨央は大会社の社長。バリキャリどころの話ではありません。



第1話では、ピュアな高校生時代がメインでした。高校生役の時はほぼスッピンです。



おそらくファンデーションはリキッドやクッションファンデを使い、ツヤをしっかり出して若々しさを演出。特にアイメイクは潔さを感じるほど、ほとんど何もしてないと思います。アイブロウも描き足す程度。



逆に、大人になった梨央は社長としての緊張感を感じる“スキの無いメイク”!ファンデーションもマットなパウダーで仕上げ、少し冷たい印象に仕上げているんです。



アイブロウ、アイメイク、リップも全てしっかりメイクに。まるでメイクでバリアを張って、他人を寄せ付けない雰囲気を醸し出しています。



だからこそ、後半に大輝や弟の優(ゆう)に見せるリラックスモードの梨央はギャップが大きく、かわいさが際立っていますね。



そりゃ、大輝もメロメロになっちゃうわけです(笑)



ドラマ『最愛』梨央のメイクは?




illustration by machi



意思の強さを感じる眉



リラックスモードとお仕事メイクで、1番違うのが“眉”。



吉高由里子さんがそもそもずっと細めの眉なんですが、今回もその細眉のまま、色を濃いめで眉尻までしっかり描いています。



眉頭は茶系のパウダーでぼかし、眉山しっかりで長めの眉にして“ザ・コンサバ”な眉に。まるで「私は弱くない!」と伝えているような眉です。



黒で締めるアイメイク



アイメイクは、目尻側に濃いめの色を“くの字型”に入れて、キリッとした印象に。



まつ毛もしっかりカールして、黒のマスカラで仕上げています。



アイラインは、目尻より2〜3mmはみ出す程度。跳ね上げアイラインにするとキツく見えすぎてしまうので、気をつけてくださいね!



唇はブラウンレッドで



そして印象的なのが、ブラウンレッドの口紅。抜けるような色白肌の吉高由里子さんが真っ赤の口紅にすると、妖艶さが出過ぎてしまうので、ブラウンレッドにすることで華やかさを出しながら、お仕事メイク感をキープしています。



参考にする場合は、口紅を塗る時に唇の幅を狭めに塗るのがおすすめ。



丸みも出さずキリッとした形にすることで、ブラウンレッドのリップで知性と色気の両方を演出できますよ◎




illustration by machi



ドラマもいよいよ残りわずかになって、盛り上がってきました。



犯人は誰?大輝とはどうなるの?加瀬さんは?と気になることはたくさんありますが、吉高由里子さん演じる梨央のかわいさと美しさもじっくり堪能しましょうね!



カテゴリ