日本国内で26年ぶりの大規模展「ボテロ展 ふくよかな魔法」が開催決定!

日本国内で26年ぶりの大規模展「ボテロ展 ふくよかな魔法」が開催決定!


コロンビア出身の美術家、フェルナンド・ボテロの大規模な展覧会「ボテロ展 ふくよかな魔法」が、2022年4月29日(金・祝)から7月3日(日)の期間、Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催される。名古屋、京都にも巡回を予定。

ボテロ独特の「魔法」ともいえる作品



南米コロンビア出身の美術家、フェルナンド・ボテロ(1932年~)は、1950年代後半から欧米で高く評価され、今日では現代を代表する美術家のひとりに数えられている。

ボテロの作品は、人物も動物もふくよかで、果物は熟れきっているかのように膨らみ、楽器や日用品さえも膨張しているのが特徴。そこには、官能、ユーモアやアイロニーなど複雑な意味合いが含まれ、観る人のさまざまな感覚に力強く訴えかける。それはボテロ独特の「魔法」ともいえるもので、世界中で注目され続ける理由がそこにある。

ボテロ本人が監修


同展は、ボテロ本人の監修のもと、貴重な初期作品から近年の作品まで、油彩画、水彩画、素描など70点を紹介。ラテン・アメリカの人びとの日常や信仰、サーカスなどを題材にした作品から、その名を一躍有名にした古典の名画を題材とした作品まで、いまなお精力的に制作を続ける、彼の画業をたどる。

《モナ・リザの横顔》、世界初公開


ボテロに注目が集まったのは、1963年、ニューヨークのメトロポリタン美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチの《モナ・リザ》が展覧されたとき、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のエントランス・ホールにボテロの《12歳のモナ・リザ》が展示されことに始まる。「モナ・リザ」はボテロが描き続けているテーマの一つで、同展には2020年制作の《モナ・リザの横顔》が世界初公開される。90歳を迎えるいまもなお、美術家として探求し続ける気迫の伝わる一枚だ。

ボテロ生誕90年を記念した、日本国内では26年ぶりとなる展覧会。実際に足を運んでボテロの魅力を堪能してみては。

■ボテロ展 ふくよかな魔法 BOTERO―MAGIC IN FULL FORM
会期:2022年4月29日(金・祝)~7月3 日(日) ※休館日未定
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急百貨店本店横)
※状況により、会期・入場方法等が変更となる場合あり
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/botero2022/
公式twitter:@botero2022
カテゴリ