大分空港が“宇宙港”に!新シティプロモーション「宇宙ノオンセン県オオイタ」発表

大分空港が“宇宙港”に!新シティプロモーション「宇宙ノオンセン県オオイタ」発表


アジア初の水平型“宇宙港”となる大分県が、新シティプロモーション「宇宙ノオンセン県オオイタ」を発表!PR動画やSNSでの情報発信の他、県内の温泉旅館・ホテルでの“宇宙人割”や、宇宙をイメージしたピクトグラム表示など、12月13日(月)~2022年2月28日(月)の期間、県内観光キャンペーンを開催中だ。

大分空港が“宇宙港”に!


大分県は、これまで県内に日本有数の温泉地があることから、「おんせん県おおいた」のキャッチコピーのもと、様々なシティプロモーションを実施してきた。


今回、国東市にある大分空港が、早ければ2022年に宇宙港になることを受け、新たなシティプロモーション「宇宙ノオンセン県オオイタ」を開始した。

アジア初の水平型宇宙港



宇宙港とは、宇宙船の離着陸場の総称。2020年4月、アメリカのヴァージン・オービット社と大分県が提携したことで、大分空港がアジア初の水平型宇宙港となることが決定した。


水平型宇宙港では、人工衛星が搭載されたロケットを、垂直方向ではなく、空中で水平方向に発射する。

現在、ほとんどのロケットが、地上にある専用の施設(射場)から空に向かって垂直に打ち上げられているが、大分空港の“水平型打ち上げ方式”がこれまでの打ち上げ方式と大きく違う点は、射場のような大がかりな施設が必要なく、周囲の環境に与える影響も低い事。水平型打ち上げ方式は、航空機が人工衛星を搭載したロケットを翼に吊り下げて空港から飛び立ち、空中でロケットを打ち上げる。

宇宙規模で愛される「オンセン県」へ


新シティプロモーション「宇宙ノオンセン県オオイタ」では、大分県が従来の「おんせん県」から、宇宙規模で愛される「オンセン県」に進化すると宣言。


12月13日(月)には、東京銀座にある、大分県の公式アンテナショップ「坐来大分」にて、「宇宙ノオンセン県オオイタ」記者発表会を開催し、広瀬大分県知事のビデオメッセージをはじめ、同取り組みの概要、期待する経済効果の説明の他、


宇宙飛行士の山崎直子さんが登壇し、宇宙と大分の魅力を紹介した。

県内旅館・ホテルで「宇宙人割」を実施



また、12月16日(木)より、大分県内37ヶ所の温泉旅館・ホテルにて「宇宙人割」を実施。


宿泊施設利用者が、宇宙人であることを自己申告すると、プレゼントや様々な特典がある他、施設によっては一部宿泊料金が割引となる。


そのほか、宇宙をイメージしたピクトグラム表示も実施される。

宇宙人Uがインスタ配信スタート!



さらに、「宇宙ノオンセン県オオイタ」PR動画『宇宙人を見た』全7タイプや、


宇宙人Uが大分県内を周遊しながら気に入った観光スポットを配信する「宇宙人Uのインスタグラム」アカウントなども公開中!

温泉、グルメ、アクティビティーなど観光のすべてにおいて、更におもてなしの技と心に磨きをかけて、より多くの人々と宇宙人をおもてなしする大分県を訪れてみては。

プロモーションサイト:https://uchunooita.pref.oita.jp
カテゴリ