クリスマスは背伸びした香りをプレゼントしてみない?“自然派”のあなたにおくりたい「ё」の香水


日々を豊かにしてくれる香りのアイテム。中でも香水は、つけている人の印象を左右することもある、重要なアイテムですよね。1年間頑張った今年のクリスマスは、“ちょっぴり背伸びした香り”を自分へプレゼントしてみませんか?



今回ご紹介するのは、「ё BIOTOP Lingerie(ヨー ビオトープ ランジェリー)」のフレグランス。自然な香りが溢れる香水が欲しいという方に、イチオシしたいアイテムなんです。



「ё BIOTOP Lingerie」って?








「ё BIOTOP Lingerie」とは、『肌に近いものは最も心に近いもの。自身に思いやりを持つこと。』をテーマに展開されている、BIOTOPのランジェリーライン。



インナーやルームウェアといった展開アイテムの中でも、おしゃれさんから注目を集めているのがフレグランス。自然を感じるウッド調の香りが人気なんです。



見た目も香りも100点な香水








「WOMENS【yo BIOTOP Lingerie】rollon 10ml(税込5500円)」は、“肌に近いモノを着たときに自然と周りにまとう香り”をイメージして制作されたフレグランスです。



100%自然の素材を贅沢に使用し、蒸留から調香、調合といった全ての工程をハンドメイドで制作しているそうですよ。細部までこだわりの詰まった香水は、持っているだけでテンションが上がりそうですよね。



『99:chaines(シェネ)』と『81:En avant(アンナ バン)』の2種類の香りが展開されています。



少し甘さをプラスしたい方は「99:chaines」





@herandhis_kitten_akari / Instagram



自然な香りだけでなく、少し甘さも欲しいという方におすすめなのが、『99:chaines(シェネ)』。



フランス語で“鎖”を意味する“シェネ”と名付けられたこちらの香りは、『お気に入りの香りが自分の体にチェーンのように巻き付くイメージ』を想像して作られたんだそう。



ユニセックスな香りで好まれる樹木の香りのヒバをベースに、アンブレットやナツメグなどを組み合わせ、ほのかに甘く深い香りを楽しめるといいます。色気とナチュラル感を両立したい方はぜひチェックしてみて。



より自然派の方へ『カラー81:En avant(アンナ バン)』





@1117_iina / Instagram



一方で、もっと自然でさっぱりした香りが好きな方は、『81:En avant(アンナ バン)』をチョイスしてみるといいかも。



バレエ用語で“アンナ バン”とは、大きな木を抱えるように手を広げ、丸い形を作るポーズのこと。そこからインスピレーションを受け、「自分の身体に近い領域にいつでもお気に入りの香りが漂うように」との願いを込め、その名を付けたそうですよ。





@naaaa__8 / Instagram



『81:En avant』は、温かく甘みのあるスパイシーなナツメグの香りと、深みのあるブラックスプルースの爽やかなハーブ調の香りが立つのが特徴。



ほのかに甘いラベンダーや、フレッシュでかすかにレモンのようなダグラスファーなど、ソフトなフローラル調がそのハーブ調の香りに融合します。そして、深い森林の香りのヒノキと、スモーキーで土を連想させる深みのあるベチバーが、綺麗にまとまった香りを演出してくれるんだそう。



甘さは『99:chaines(シェネ)』より控えめで、よりユニセックスな香りとして好まれるそうなので、男性にもおすすめですよ。



付属のケースもおしゃれすぎる





@iamai12 / Instagram



また、購入すると付いてくる付属のケースも見逃せません。コンパクトでスマートなこちらの専用ケースは、シックなデザインと相まってとってもおしゃれですよね。



柔らかい生地が瓶を衝撃から守ってくれるため、持ち運ぶ際も安心ですよ。



おしゃれなデザインなので、ギフトとしてもおすすめなんです。お世話になった人や恋人へのプレゼントの参考にしてみるのもいいかも。



来年から大人っぽくなりたいあなたへ



今回ご紹介した、「ё BIOTOP Lingerie」のフレグランスはいかがでしたか?



“自然派”の香水が好きな方はもちろん、いつも使っているものと違う、落ち着いた香りを求めている方はぜひチェックしてみてくださいね。





カテゴリ