山田養蜂場が12月22日冬至の日に「ミツロウキャンドルナイト2021」を開催!

山田養蜂場が12月22日冬至の日に「ミツロウキャンドルナイト2021」を開催!


地球環境や持続可能な社会を目指し、植樹活動などの社会活動に取り組んできた山田養蜂場。

今回、同様の目的で行われているムーブメント「100万人のキャンドルナイト」に賛同し、電気を消してキャンドルを灯す取組みを独自に企画。“家族と、大切な人と、穏やかで静かな夜を。”をスローガンに、「ミツロウキャンドルナイト2021」を12月22日(水)冬至の日に開催する。

煤が出にくいミツロウ製キャンドルを使用


同イベントで使用するのは、ミツバチが巣をつくるときに用いる「ミツロウ」製のキャンドル。ミツロウ製キャンドルの特長は、一般的なキャンドルと比較して煤(すす)が出にくい点。石油由来原料を使用したキャンドルは煤が出やすく、その中には有害なものもあることから、ミツロウやソイワックスなど天然由来の原料を使用したキャンドルが注目されている。また、ほのかに香る甘い香りで、心が穏やかになるともいわれている。

直営店舗はミツロウキャンドルを灯して営業


一年でもっとも夜が長い冬至の日に開催される「ミツロウキャンドルナイト2021」では、岡山県鏡野町の本社、研究所、工場、東京・赤坂のオフィスにて、20:00~22:00の2時間、全社で節電を徹底する。

また、直営店舗「りとるび~はうす」「山田養蜂場 お菓子工房 ぶんぶんファクトリー」では、夕暮れ時から節電し、ミツロウキャンドルを灯して営業。山田養蜂場の利用者へも参加を呼びかけ、各従業員も自宅で取り組むそう。

山田養蜂場では、今回のイベントに参加するために購入されたミツロウキャンドルの収益金の一部を、環境保全のための植樹活動の費用として寄付することで、持続可能な社会づくりに貢献していく。

赤坂ミツバチプロジェクトともコラボ


さらに今回、赤坂ミツバチプロジェクトともコラボレーション。TBS赤坂サカスにて18:00よりプレイベントを実施し、ミツロウキャンドルについて紹介する予定だ。

なお、この模様は、TBS CSR推進部の公式Instagram(@tbs_6_csr)でのライブ配信や、TBSラジオ「アシタノカレッジ」(当日22:00~23:55)にて実施レポートを放送する予定となっている。

「ミツロウキャンドルナイト2021」の詳細は、山田養蜂場公式サイトでチェックしてみて。

山田養蜂場公式サイト:https://www.3838.com/
カテゴリ