2022年欲しいものリストに追加決定!「diptyque」から、華やかなパッケージのキャンドルが限定登場


パリのフレグランスメゾン「diptyque(ディプティック)」に、「ローズの花にオマージュを捧げるコレクション」が登場。



アメリカ人のフラワーデザイナー・Maurice Harris(モーリス・ハリス)さんとコラボした、色鮮やかなアイテムは、2022年1月6日(木)に発売されます。



オー ド パルファン





「Eau Rose(オー ローズ)コレクション」には、『オー ド パルファンEAU ROSE(オー ローズ)』(75mL 税込2万3100円)が仲間入り。



従来の2種類のローズは存在しつつ、オー ド パルファンでは、いっそう香りの力強いブーケを表しているといいます。



ライチのフルーティなタッチやカモミールの甘い趣きなどが加わり、この上ない花の繊細さを感じられるのだとか。





また、こちらのオー ド パルファンには、「エシカル ローズ」といわれる、花ではないフィラッド ローズが使用されているんです。



通常は廃棄されてしまう、ダマスクローズの蒸留水をアップサイクルした、サステナブルなものなんですって。



スペシャルパッケージのキャンドル4種類





特別なデコレーションを纏った、4つのキャンドル(190g 税込1万670円)も限定で登場しますよ。





『ROSES(ローズ)』は、開花の時期である5月のローズの、存在感溢れる瑞々しいノートが感じられるそう。





気分を落ち着かせるように包み込む『CAMOMILLE(カモミール)』は、ハチミツやスミレの葉の爽やかな香りが広がるといいます。





『LITCHI(リチ)』は、ほのかな酸味を感じさせるフルーティノートで、食べごろを迎えたライチの味わいを連想させる香りなんだとか。





花のような『ARTICHAUT(アルティショー)』は、グリーンの香りで、庭園へといざなってくれるそうですよ。



こちらの特別な4つのキャンドルは、一部の店舗限定で販売されます。



『ARTICHAUT』取り扱いブティック:青山、GINZA、六本木、丸の内、表参道、渋谷スクランブルスクエア、 新宿伊勢丹、二子玉川、そごう横浜、ニュウマン横浜、うめだ阪急、オンラインストア



使用済みキャンドルのガラスケースを、フラワーベースに再利用





使い終わったキャンドルのガラスケースをインテリア雑貨として再利用できる、『ミラーオーバル』(税込1万1220円)も、一部の店舗限定で展開されますよ。



使用済みのキャンドルのガラスケースの縁に、『ミラーオーバル』を付ければ、フラワーベースとしてアップデートできちゃうんです。



『ミラーオーバル』取り扱いブティック:青山、GINZA、六本木、丸の内、表参道、 渋谷スクランブルスクエア、二子玉川、そごう横浜、ニュウマン横浜、オンラインストア



華やかなデザインが施された「ローズの花にオマージュを捧げるコレクション」は、部屋に飾れば気分を上げてくれそう。



ブランドファンは必見、発売されたらぜひチェックしてみてくださいね。



diptyque 公式サイト

https://www.diptyqueparis.com/ja_jp



カテゴリ