「すりながしスタンド だしとうまみ」が『おいしい旅のマーケットin岡崎公園』に出店

「すりながしスタンド だしとうまみ」が『おいしい旅のマーケットin岡崎公園』に出店


京都市左京区の『飲む和食』をワンハンドで楽しめる「すりながしスタンド だしとうまみ」が、12月24日(金)と25日(土)の11時半~18時半に岡崎公園で開催される「おいしい旅のマーケット〜クリスマス編〜 in 岡崎公園」に初出店する。

本格的な和食をワンハンドで



「だしとうまみ」は、和食で親しまれてきたすりながしを新しい食べ方で提案する「すりながしスタンド」。本格的な和食をワンハンドで手軽に飲める形で提供することで、忙しい人でも、移動中でも、和のだしとうまみを味わうことができ、手軽に栄養が取れてヘルシー、お腹も心も満たされるようにと考案した。


商品は和の料理人により、一杯一杯丁寧にとられた出汁を使用し、出汁と素材のうまみだけでつくられている。一杯で満腹感を得られるというコンセプトでつくられているため、出汁ジュレ、蒟蒻、白玉、ナッツなどトッピングにも工夫をしている。また、和食で重要な旬を大切にしており、メニューは季節によりベースの野菜、トッピングともに四季にあわせたものを提供している。

新感覚の”飲む和食”



今回、寒い季節にぴったりの温かい「ごぼうと鯛のすりながし」と「とうもろこしのすりながし」が、限定のクリスマストッピングで登場する。もみの木をイメージしたほうれん草の豆乳エスプーマで、可愛いのに甘くない、新感覚の”飲む和食”を体験できる。


温かい「ごぼうと鯛のすりながし」の内容は、ごぼう・鯛焼き身・しめじ・近江こんにゃく・ほうれん草の豆乳エスプーマ・レッドペッパー。温かい「とうもろこしのすりながし」の内容は、とうもろこし・近江こんにゃく・大麦・クミン・ほうれん草の豆乳エスプーマ・レッドペッパー。料金は各700円(税込)だ。

本格的なだしを使った「だしまきサンド」も



さらに、和の料理人が丁寧にとっただしが自慢の「だしまきサンド」600円(税込)も新メニューで提供される。京都の有名旅館で料理長を務めた丸山氏による、本格的な和食のだしをたっぷり使った商品だ。

だしとうまみの「すりながしスタンド」で、和を感じるクリスマスを楽しもう。

おいしい旅のマーケット〜クリスマス編〜 in 岡崎公園 イベント詳細:https://www.value-press.com/pressrelease/284744
カテゴリ