【スタバ新作】甘くて香ばしい贅沢な“ほうじ茶フラペチーノ”が登場!飽きずに飲み進められる、その理由は…?


現在スターバックスでは、ホリデー第2弾として「トーステッド ホワイト チョコレート フラペチーノ」が販売中。



ホワイトチョコの甘さとクッキーの香ばしさ、そして不思議なマシュマロの食感はもう体験しましたか?



クリスマスが過ぎた12月26日(日)からは、「ほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ」の販売がスタート!ほうじ茶とキャラメル、どちらの良さも感じられる贅沢なビバレッジなんです。



ほうじ茶とキャラメルが出合った、大満足のおいしさ…!





12月26日(日)に発売されるのは、「ほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ(写真左)」と「ほうじ茶 meets キャラメル クリーム ティー ラテ(写真右)」、そして「ウーロン meets シトラス ティー ラテ」の3商品。



今回はほうじ茶のビバレッジにフォーカスして、そのお味を一足先にご紹介します。



「ほうじ茶とキャラメルソースを合わせたら、キャラメルの甘さが強く感じられるのでは…?」と思いきや、実際に飲んでみると、双方の良さを引き出した絶妙な優しい甘さでびっくり。



その理由は、“ティー”の部分にあったんです!



ほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ





「ほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ」(持ち帰り:税込648円 / 店内利用:税込660円)は、香り豊かな“ほうじ茶クラシックティー”と、奥深い味わいの“ほうじ茶キャラメルソース”を合わせたビバレッジです。



ほうじ茶とキャラメルは、どちらも熱を加えて旨みや香りを引き立たせるもの。その共通項を持つ2つをかけ合わせて、まとまりのある味に仕上げています。





ドリンク全体にソースを這わせ、トップにもたっぷりとオン。



通常のキャラメルフラペチーノなどに使われるキャラメルソースでは甘味が強くなり過ぎてしまうため、今回はほうじ茶の香りとキャラメルの深みを両立させた、新しいソースを開発したそうです。





茶葉の香りを引き立てるために使われているのは、“ほうじ茶クラシックティー”。



ほうじ茶そのままではなく、ブラックティーと組み合わせることで、その香りと味を引き立て、飽きのこない味に仕上げているんだとか!



ブラックティーの味はほとんど感じられませんが、これにより、ほうじ茶とキャラメル、両方の良さが引き出されるんです。  



ほうじ茶 meets キャラメル クリーム ティー ラテ





ホットの「ほうじ茶 meets キャラメル クリーム ティー ラテ」(持ち帰り:税込501円~/店内利用:税込510円~)は、フラペチーノよりもほうじ茶の香りが引き立ちそう。



中にホワイトモカシロップが入っていて、優しい甘さを味わえますよ。





スターバックスが提案するおすすめカスタマイズは、キャラメルフレーバーシロップ追加や、キャラメルソース追加など。もともとが繊細な味わいなので、ほうじ茶をしっかりと感じたい方は、カスタマイズをせずにそのまま飲んでみてくださいね。



年末年始は、心も身体も安らぐティービバレッジを飲んで、素敵な時間を過ごしてみては?



スターバックス 公式サイト

https://www.starbucks.co.jp/



カテゴリ