友達に「それどこの?」って聞かれちゃうかも。2022年、一緒に時を刻みたい“ハイセンスな腕時計”5選


お年玉などの臨時収入があったり、多くのブランドで初売りが開催されていたりと、財布の紐がゆるむこの時期。



新しい年が始まったこのタイミングで、ぜひ“腕時計”を新調してみませんか?おしゃれでハイセンスな時計を身につけたら、これからの1年も頑張れちゃうかも。



今回は、友達についつい自慢したくなる、とっておきのブランドを5つご紹介します!



主張しすぎない、さりげなさがかわいい「ete」



@s___n.825 / Instagram



まずご紹介するのは、シンプルでかわいいアイテムが揃うジュエリーブランド「ete(エテ)」。今まであまり腕時計を着ける機会がなかったという人には、小ぶりでスタイリッシュなデザインがおすすめです。



上の写真の「ウォッチ トノーフェイス」(税込2万4200円)は、上品さが魅力のリストウォッチ。クラシカルな印象で、大人っぽい気品も漂いますよ。



@__rii__ng / Instagram



より華やかな腕時計がお好みなら、文字盤にダイヤモンドが1石あしらわれた「ソーラーウォッチ スクエア メッシュベルト」(税込2万8600円)はいかがでしょう?



普段だけでなく、フォーマルな場面にも使える便利なデザインは、1個持っていると重宝しそうですね。





「KLASSE14」はペアウォッチにも



@012greens / Instagram



イタリア人デザイナーを中心に、ユニークな発想で腕時計やジュエリーをデザインする「KLASSE14(クラスフォーティーン)」。シンプルながらもエッジの効いたデザインは、世界的にも人気を集めています。



ブランドを代表する「VOLARE ボラレ」モデルは、男女問わず使いやすいベーシックなデザイン。ペアウォッチとして着用する人も多いようですよ!



@_marunana / Instagram



「Volare Dark Rose」(税込2万9700円)は、落ち着いた雰囲気ながらも、上品なゴールドで華やかさをプラス。ストラップがステンレスメッシュからレザーに変わるだけで、一気にシックな雰囲気になりますね。



その日の気分や服装に合わせ、別売りのストラップに差し替えて使うのもおすすめです。





存在感抜群の「イッセイミヤケ」



@honka_na___ / Instagram



アクセサリー感覚で腕時計を取り入れたいなら、ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)“O”シリーズ「O Designed by Tokujin Yoshioka」(税込1万9800円)がぴったり。



「水のかたち。透明な時と刻む時計」をコンセプトにデザインされた、ちゅるんとした質感のバングルタイプの時計です。無駄を省いたスタイリッシュなフォルムは、一度見たら忘れられないインパクトがありますよね。



@shi_a___ / Instagram



カラーはクリアのほか、写真のスモークやローズなど、限定モデルを合わせた全8色展開。時計としての役割はもちろん、コーデにアクセントをプラスしたいときに、アクセサリー感覚で使うのも良さそうです。





「GUCCI」のヴィンテージ感がおしゃれでしょ?



@mrso.6 / Instagram



最近では現行モデルだけでなく、ブランドのヴィンテージウォッチにも注目が集まっているみたい。特に近頃は、1980~90年代に登場したGUCCI(グッチ)の「チェンジベゼル」が話題になっています。



文字盤まわりのベゼルを変えられるため、1つの時計でさまざまなスタイルを楽しめるのが特徴。



ヴィンテージショップや古着屋さんで販売されていることが多いので、気になる人はぜひ探してみてくださいね。



ちょっと奮発して「Apple Watch」





スマートウォッチの購入を検討していたという人は、今がベストタイミングかも。1月2日(日)と3日(月)にAppleで対象商品を購入すると、新⁠しいApple Gift Cardをもらうことができるんです!(写真はApple Watch Series 7)



Apple Watchで対象となっているのは、「Apple Watch SE」(税込3万2800円〜)と「Apple Watch Series 3」(税込2万2800円〜)の2商品。



ワークアウトを記録したり、Apple Payでスムーズにお会計をしたりと、きっと毎日の生活を便利にしてくれるはず。年初めのこの機会に、ぜひゲットしてみませんか?





新しい時計と一緒に、最高の1年のスタートを



時間を確認するだけでなく、コーデの一部やアクセントにもなる腕時計。2022年はとっておきのアイテムを身につけて、一緒に時を刻んでみませんか?



カテゴリ