「没後100年記念展 大隈重信—後世に残した言葉」を開催

「没後100年記念展 大隈重信—後世に残した言葉」を開催


近代日本国家の形成を先導し、早稲田大学の創設者である大隈重信氏。

大隈氏の没後100年にあたる2022年、早稲田大学歴史館にて、その生涯を改めて振り返る展覧会「没後100年記念展 大隈重信—後世に残した言葉」が1月10日(月)~4月17日(日)の期間に開催される。

同展の入場料は無料。また、予約不要だ。

大隈氏没後100年記念展



同展では、いまから百数十年前に大隈氏が当時の人々に残したメッセージの数々が紹介されている。同氏が学問や教育、また、社会の在り方をどう考えたか、後世に何を伝えたかったかが浮き彫りにされた展覧会だ。

現代にも通ずる普遍性を持った同氏の言葉には、我々が人生の目標や指針を見いだすためのヒントが満ちている。

早稲田大学歴史館



早稲田大学では、キャンパスそのものをミュージアム化することを目標の一つにしているそう。その具現化として、早稲田キャンパス1号館1階に「早稲田大学歴史館」が2018年3月20日に開館した。

歴史館では、開学以外の歴史だけでなく、現在や未来の教育、そして研究、社会貢献等に関する早稲田大学の全貌が一堂に展示されている。

また、同大学では、来館者がそれぞれの関心に応じて新たな発見ができるよう、多様な切り口で発信をしている。常設展示エリア(「久遠の理想」「進取の精神」「聳ゆる甍」エリア)のほか、展示内容は随時更新され、テーマ展示や企画展示等も開催している。

興味のある人は、「没後100年記念展 大隈重信—後世に残した言葉」へ訪れてみて。

■没後100年記念展 大隈重信—後世に残した言葉
会場:早稲田大学歴史館 企画展示室
住所:東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス1号館1階
開館時間:10:00~17:00
休館日:水曜日ほか。2月は入学試験実施のため変則的な開館日程となっている。早稲田大学歴史館公式Webページで最新の開館日程の確認を。

早稲田大学歴史館公式Webページ:https://www.waseda.jp/culture/about/facilities/rekishikan/
カテゴリ