ここが原宿ってことを忘れそう。ロエベ×スタジオジブリのポップアップが、もはや美術館のようなクオリティ


LOEWE(ロエベ)スタジオジブリのコラボレーション第2弾が、このたび実現。アニメーション映画『千と千尋の神隠し』をテーマにしたコレクションが、1⽉7⽇(⾦)よりオンラインと全国のロエベストアで展開されます。



発売を記念して、同日からは東京・原宿にてポップアップストアが開催。作品の世界観を楽しめる、幻想的な空間に仕上がっているんです。



今回は一足先に、気になる中の様子をお伝えします!



完全予約制のポップアップストアがオープン





ポップアップストアの開催場所は、明治神宮前駅から徒歩1分の場所にある「アンノン原宿」。



大通りから小道に入って少し歩くと、鮮やかな青い建物と赤い提灯が見えてきます。どこかノスタルジックな風景は、海外のような雰囲気も。原宿の街を歩いていたはずなのに、一気に異世界に入り込んだような感覚を味わえますよ。





会場前には、主人公の千尋とカオナシが海原電鉄に乗るシーンを再現した、ファンにはたまらないフォトスポットも登場。なんと、つり革にはロエベレザーが使われているそうです。



こちらは、来場者(予約者)のみ撮影可能なエリアのためご注意を。



映画に登場する湯屋にお邪魔したみたい…!





会場の中に入ると、大きな赤い橋と湯屋の風景がお出迎え。壁一面に鮮やかな青空が描かれていて、映画で見た風景が思い出されます。



印象的なシーンを思い浮かべながら、コラボアイテムを存分に堪能してくださいね。





先ほど目にした電車のモチーフは、会場内にも。アパレルやバッグ、レザー小物まで、豊富なラインナップが展示されていますよ。





ふと横に目をやると、「ここは人間の来る処じゃないんだ」と書かれた垂れ幕とカオナシさんを発見…!



すみません、来てはいけないところに足を踏み入れてしまったようです。



おなじみのキャラクター・名シーンが蘇る





今回登場するコラボアイテムでは、ジャカードやプリント、アップリケや刺繍などでキャラクターをデザイン。



ロエベおなじみの「アマソナ」や「パズル」バッグにも、生き生きとしたキャラクターが描かれているんです。





ススワタリのチャームも、とってもキュート。手持ちのバッグに合わせれば、ちょっとした遊び心の効いたスタイリングになりますね。





写真中央の“湯婆婆”がデザインされたバッグは、ポップアップストア限定のアイテム。目元には細かい刺繍を施し、指輪部分は立体的に仕上げているという、こだわり抜いた逸品です。





映画の途中でネズミに変えられてしまった“坊ネズミ”も、ぱっちりお目目がかわいい…。キャラクターものを持つのに抵抗があるという人も、たまには冒険してみるのもアリかも?



「よきかな茶」のサービスも





会場外では、来場者限定でドリンクのサービスも予定されています。キャラクターがデザインされた特別なスリーブは、思わず写真を撮りたくなっちゃうかわいさですよ。



お買い物を楽しんだあとは、温かいドリンクまで堪能して。





ロエベファンもジブリファンも見逃せない、魅力が盛りだくさんのポップアップストア。



会場に足を運ぶのが難しい方でも、コラボアイテムはオンラインや全国のロエベストアで購入できるので、ぜひ1月7日(金)以降チェックしてみてくださいね!



ロエベ ポップアップストア in 原宿

開催場所:東京都渋谷区神宮前六丁目5番10号 アンノン原宿

営業時間:10:00〜19:00

公式サイト:https://www.loewe.com/jap/ja/









カテゴリ