今こそ楽ちん・おしゃれな“スウェット”にこだわりたい!ヴィンテージ感溢れるAmericanaの別注アイテムが登場


ファッションとフードライフスタイルを提案するコンセプトショップ「SALON adam et ropé(サロン アダム エ ロペ、以下SALON)」から、ファッションブランド「Americana(アメリカーナ)」とのコラボアイテムが登場。



ロゴデザインやカラーセレクトなど随所に“バイヤーのこだわり”が詰まったスウェットアイテム3型は、1月7日(金)より、順次販売がスタートしています。



Americana for SALON





2000年にスタートした日本発のファッションブランド「Americana」は、スウェットやTシャツなどのカジュアルウェアに定評があり、アメカジ好きな大人の女性を中心にファンが多いのだとか。



シーズンごとにテーマはあえて設けず、その時代のムードに合わせた“目立ちすぎない”服作りを心がけているといいます。



今回、同ブランドにSALONが別注したのは、Americanaオリジナルのスウェット生地を用いた3アイテム。SALONの別注ロゴをあしらった、ここでしか手に入らないコレクションです。



SALON adam et ropéだけの特別なスウェットコレクション



2WAYスウェットカーディガン








第1弾として1月7日(金)に発売されたのは、「2WAYロゴスウェットスナップカーディガン」(税込1万8700円)。カラーはグレー/グリーン/ピンク系の3色展開です。



カーディガンとしてはもちろん、ボタンを閉じてロゴを前に持ってくればスウェットシャツとして、前後どちらでも着用できる2WAY仕様が魅力的な1着。



AmericanaとSALONが一緒に作り上げたロゴデザインは、2つのフォントの組み合わせが新鮮ですよね。ツヤのあるドットボタンは、通常のスウェットカーディガンより少しだけ詰めて配置されています。



真冬はタートルとレイヤードして。気温が高くなったら1枚でサラッと着たり、カーディガンとしてタンクトップに羽織ったりと、今から春まで万能に活躍してくれるはずですよ。



ジップアップショートプルオーバー








ジップ使いが今っぽい「ジップアップショートプルオーバー」(税込1万7600円)は、2月中旬に発売が予定されているアイテム。ファスナーの開け具合によって首元の印象を簡単にチェンジできるのが、魅力の1つです。



無地デザインのため、中に着るインナーを選ばず合わせやすいのもポイント。ストライプのシャツを仕込んでキリッとさせたり、ボーダーTをちらりと見せてゆるくまとめたり…。トレンドのショート丈シルエットを上手に使って、裾から白Tを覗かせるのもアリかもしれません。



袖口にさりげなく施された「Americana」のロゴ刺繍にも注目を。スミクロ/オフホワイト/カラシという、クリーンな色展開にもこだわったそうです。



ロゴプリントロングTシャツ








少し春めいてくる3月中旬には、「L/S 編み立てリブロゴプリントロングTシャツ」(税込9900円)が発売予定。スウェットカーディガンと同じオリジナルロゴが採用されています。



生地には、通常なら削り落とされる“落ち綿”を再利用した“ラフィー糸”を使用。サステナブルの面はもちろん、短い繊維が多く含まれることで生まれる自然なムラ感も魅力です。筒状に編み上げられているため、脇に縫い目もなく着心地も抜群だといいます。



程よいドロップショルダーや、キュッと締まった袖口のあしらいもユニーク。



普段カジュアルなスタイリングをしない方でも無理なく楽しめる、スミクロ/オフホワイトのシックな2色展開です。



まだまだスウェットが大活躍の予感





今回のコラボアイテム3型は、SALON adam et ropéの全国直営店舗とJ'aDoRe JUN ONLINEにて順次販売予定。オンラインでは、発売前のハーフジップとロンTの予約販売もスタートしています。



まだまだ寒い日が続きますが、少し春らしさも感じられるアイテムで、季節感を先取りしてみてはいかがでしょう?



Americana for SALON 特集ページ

http://www.junonline.jp/news/136603



カテゴリ