おにぎり総選挙“ラップ派orホイル派” 1/17の「おむすびの日」に合わせ結果発表

おにぎり総選挙“ラップ派orホイル派” 1/17の「おむすびの日」に合わせ結果発表


家庭用アルミホイル「サンホイル」を製造販売する東洋アルミエコープロダクツは、クレハが21年10月〜12月の期間にて開催した「おにぎり総選挙第二弾」に、「ホイル派」代表として参戦。1月17日(月)の“おむすびの日”に合わせ結果を発表した。

おにぎり総選挙結果発表



「おにぎり総選挙第二弾」は、ラップ派が14,037票、ホイル派が2,864票となり、ラップ派が優勢という結果となった。

ラップ派・ホイル派のコメント


結果を受け、NEWクレラップを販売するクレハは“ラップ派が過半数を超える結果となり、大変光栄に思います。子供の頃の思い出のおにぎりや、ホイル、ラップどちらも使っていて選び難い!というコメントを多く見かけ、ささやかながら楽しんでいただけたのかなと感じております。”とコメント。

また、おにぎり協会からは、“ラップ派が過半数を超える票を確保しました。NEWクレラップを使っておにぎりを握り、そのまま丸めて使う人が多かったようです。素手で握る場合は、ラップを保存用に使うシーンが多いのですが、新型コロナウイルスも含め衛生面でラップ利用率が高まり、それがそのまま票に反映された形です。おにぎり協会としては、ラップもホイルもぜひ活用していただき、おにぎりを通じた和食文化の普及を推進していただきたいと考えております”とコメント。

また、ホイル派の海苔の大森屋からは、“今回の結果は意外でしたが、これからも海苔の風味を活かしてくれる『ホイルおにぎり』の良さや
『日本のおにぎり』をもっと美味しく楽しむことを伝える機会を一緒に作っていければと思います”とのコメントが寄せられた。

おにぎりラバーズにて“おにぎり愛”を発信



東洋アルミエコープロダクツでは、おにぎりを通じて感じる人のあたたかさや美味しさといった魅力を伝え、ホイルおにぎりに親しみを感じてもらえる活動を行っている。

同社公式HP、おにぎりラバーズや、おにぎりコンテンツにて“おにぎり愛”を発信中なので気になる人はチェックしてみよう。

おにぎりラバーズ:https://www.toyoalumi-ekco.jp/onigirilovers/
おにぎりコンテンツ:https://www.toyoalumi-ekco.jp/column-cat/onigiri/
カテゴリ