南青山の隠れ家鉄板焼肉レストラン「丑花(ウシハナ)」がオープン

南青山の隠れ家鉄板焼肉レストラン「丑花(ウシハナ)」がオープン


1月14日(金)にウィンクルムが鉄板焼肉の隠れ家レストラン「丑花(ウシハナ)」を東京・南青山にオープンした。

表参道から徒歩8分と好立地ながら、都会の喧騒を忘れられる落ち着いた贅沢な空間で、最高の料理とサービスが楽しめる。

日本各地から厳選した最上級和牛肉を堪能



「丑花」では、いつ来店しても最高の状態の高級鉄板焼肉を楽しむ事ができる。

全室個室の贅沢な空間には、それぞれ鉄板焼き台が備わっており、神戸牛、仙台牛、宮崎牛、他日本各地から厳選した最上級和牛肉をシェフがその場で丹精込めて調理をする。


厳選された和牛肉の産地・部位は日ごとに異なり、それぞれの美味しさを最大限に味わってもらえるよう用意した全20種の豊富な薬味から好きな6種のバリエーションで食べられる。

全国から取り寄せたオーガニック野菜や食材



また、料理には、日本全国各地から取り寄せたオーガニックの野菜や食材をふんだんに使用。東京にいながらも豊かな自然の恵みや、日常を少し離れた旅気分を味わえる。

おすすめメニュー一例



おすすめメニューの一例を紹介しよう。


最高級厳選黒毛和牛サーロインステーキ、厳選和牛肉寿司、厳選和牛神戸牛リブロースのタルタル、クリスタルキャビア添え、特選宮崎牛ミスジのタタキ、柚子風味の鼈甲餡かけ、丑花特製ウフブルイエ雲丹ほか。

また、日によって異なるため、予約時等に問い合わせを。

ワインは60種以上



同店では、アルコール・ソフトドリンク各種用意している。

ワインは60種以上の豊富なラインナップで料理のペアリングもある。

五感を使って料理を楽しむ


「丑花」は、『あらゆるオーダーに応え、贅沢な空間で最高級の食事を楽しんでもらう“幸せな時間”を提供したい。』との純粋な食を追求する思いでオープンした。

自然が織りなす食材の美しさ、味わい、日本各地の食材の豊かさと自然の恵みに感謝し、五感を使って料理を楽しむ。黒とゴールドを基調にしたモダンで洗練された空間は、贅沢ながらも心休まる一時を演出する。何かと制限の多い昨今において、少し緊張感のある日常をほぐし心休まるひとときを、顧客と顧客の気のおけない特別な人へ届ける。ひとりひとりの顧客へ、最高のもてなしと食事を提供する。

気になる人は、「丑花」をチェックしてみて。

■丑花
住所:東京都港区南青山5丁目4番27号 Barbizon B
営業時間:ディナー 18:00~23:00(L.O. 21:00)
※ランチ・深夜の営業については追ってウェブサイト等で公開する
個室数:5(全席個室)
予約:https://hitosara.com/0004036938/
カテゴリ