松戸市在住・在勤美術作家の作品を紹介!松戸の作家の個展「宮山広明 銅版画展」開催

松戸市在住・在勤美術作家の作品を紹介!松戸の作家の個展「宮山広明 銅版画展」開催


1月18日(火)から、松戸市文化会館「森のホール21」にて、松戸の作家の個展「宮山広明(みややまひろあき) 銅版画展」が開催されている。

松戸市在住の美術作家、宮山広明氏


松戸の作家の個展とは、松戸市の文化芸術の振興を図るための事業で、松戸市在住・在勤美術作家の活動を紹介するもの。

宮山広明氏は1955年東京生まれの版画家で、現在は松戸市に在住し制作活動をしている。数年前までは主に花をモチーフに人間の感情を託した作品を描いており、日本の伝統、縦長(軸)横長(絵巻)などのフォーマットから、屏風を意識し金箔を使用しているのが特徴だ。最近では、メゾチントを中心とした技法に変えて制作を行っている。

1989年~1990年には文化庁派遣芸術課在外研修員に選出され、アメリカとベルギーに留学。日本だけにとどまらず世界を舞台に活躍しており、2021年に台湾の「Four men print exhibition(版画4人展)」、ロシアの「Novosibirsk International Grafic Triennial(ノヴォシビルスク国際グラフィックトリエンナーレ)」への出品など、海外の数多くの個展にも出品している。

「花見立て源氏物語」シリーズの作品6点を展示


今回の個展では、源氏物語の登場人物を花に託して描いた「花見立て源氏物語」シリーズの作品6点を展示。会期は1月18日(火)~3月21日(月・祝)で観覧料は無料。月曜日が休館日(祝・休日の場合は開館し、翌平日休館)となる。

なお、会場の「森のホール21」アートスペースは、改修工事期間中のため展示スペースを縮小中だ。また、新型コロナウイルスの感染状況により、会期及び開館時間を変更または開催中止とする場合がある。詳しくは松戸市ホームページ内、「松戸市デジタル美術館」で確認を。

松戸市ホームページ:https://www.city.matsudo.chiba.jp/

画像キャプション:宮山 広明《花見立て源氏物語より 12-須磨》2010年
カテゴリ