Kimono Upcycle Cloth「ohariko」でモノづくりを支える

Kimono Upcycle Cloth「ohariko」でモノづくりを支える


日本リユースシステムは、廃棄着物や帯を利用したサステナブル素材Kimono Upcycle Cloth「ohariko」の流通をカンボジア王国で開始した。

サステナブルなモノづくりの輪を広げたい



日本リユースシステムは「三方よし」を企業理念にしており、「捨てさせない屋」として、様々なモノやコトを活かし、社会に貢献するサステナブルなビジネスを運営している。

その一つ「お針子事業」では、様々な理由で廃棄されている着物や帯から、生地素材Kimono Upcycle Cloth「ohariko」を製造。それらを利用したサステナブルなモノづくりを世界中で提案している。


このたび、Kimono Upcycle Cloth「ohariko」の流通がカンボジア王国でも開始した。これにより、廃棄される着物や帯の削減を促進していくと共に、カンボジア王国におけるSDGsの認知拡大とサステナブルなモノづくりの輪を広げていくという。

また、この素材を利用したモノづくりを行うパートナーも募集しているとのこと。

415,320着もの着物や帯を再活用


日本の家庭には、推定で約7億点もの着物や帯が眠っているとされているが、「着る機会がない」「手入れが大変」といった様々な理由で、年々右肩上がりで廃棄されているという。

そのような着物や帯を、アップサイクルの観点から生地素材として国内外で活用し、SDGsに貢献しながら資源循環社会を目指すのがお針子事業だ。

日本の伝統技術「洗い張り」を応用した生地素材Kimono Upcycle Cloth「ohariko」は、日本やモンゴル国の障がいを持つ人や、経済的に困難な立場にあるシングルマザーなどと連携して製造している。


完成した生地は、ハンドメイドユーザーやアパレルブランドのモノづくり用の素材として、現在モンゴル、日本、カンボジア、ドイツなど様々な国で利用されており、北欧諸国での流通も目指しているという。

このお針子事業の取組みにより、2017年1⽉から累計で415,320着ものゴミとされていた着物や帯を活かすと共に、SDGsの10の目標達成に貢献している。

気になる人は、サステナブルなoharikoをチェックしてみて。
カテゴリ