豊中市立市民ギャラリーにて特別企画展『浪速 北摂 写真散歩』を開催

豊中市立市民ギャラリーにて特別企画展『浪速 北摂 写真散歩』を開催


豊中市は、身近な場所でアートに触れる機会を提供することで市民に多様な価値観や想像力・創造性が育まれることを目指し、豊中市立市民ギャラリーにて特別企画展を毎年開催している。

毎年開催の特別企画展



今回は、服部元町に所在する3つの民間ギャラリー(G&S根雨、gallery 176、galerie SPUR)の協力で、大阪・浪花や豊中市を含む北摂地域の過去や現在、未来をテーマにした写真展が開催される。

写真作家・北井一夫氏の「新世界物語」シリーズを中心に、同展のための撮りおろしも含め、12人の作家による写真が一堂に会する。

特別企画展概要



“市民ギャラリー特別企画展「現在・過去・未来『浪速 北摂 写真散歩』」”は、3月15日(火)~27日(日)の期間に開催される。


参加写真作家は、北井一夫氏、友長勇介氏、矢野智雄氏、上田良一氏、杉浦正和氏、津田明人氏、鈴木郁子氏、布垣昌邦氏、早川知芳氏、坂東正沙子氏、中家和子氏、高林直澄氏だ。

関連イベント



関連イベントとして、(1)“レクチャー「実践写真鑑賞講座」”を3月5日(土)15:00~17:00、(2)“ワークショップ「こどもかるた作り」”を3月6日(日)14:00~16:00、(3)「ギャラリートーク」を3月20日(日)14:00~15:30が開催される。

(1)、(2)は、同展のホームページから事前申込受付中。(3)は、当日会場にて受付だ。

関連イベントは、全て先着順となるのでご注意を。

興味のある人は、“市民ギャラリー特別企画展「現在・過去・未来『浪速 北摂 写真散歩』」”と関連イベントをチェックしてみて。

■市民ギャラリー特別企画展「現在・過去・未来『浪速 北摂 写真散歩』」
会場:豊中市立市民ギャラリー
住所:豊中市本町1丁目1-5
時間:10:00~19:00(最終日は16:00まで)、月曜休み

【関連イベント】
■(1)レクチャー「実践写真鑑賞講座」
内容:同展覧会プロデューサーから写真鑑賞の極意を学ぶ
講師:石井仁志氏(20世紀メディア評論、G&S根雨主宰)
会場:中部保健センター 多目的室3(岡上の町2丁目1-15)
定員:30人

■(2)ワークショップ「こどもかるた作り」
内容:家族の写真を絵札にし、その写真に合う読み札を考えてオリジナルかるたを作る
講師:西川善康氏(写真家、gallery 176 メンバー)
会場:中部保健センター 多目的室3
定員:10組(小学生以下の子ども2人までと保護者1人)
持参物:L判サイズにプリントした家族の写真20枚以上(家庭のプリンターで印刷したもので可)

■(3)ギャラリートーク
出席者:北井一夫氏、石井仁志氏(同展プロデューサー、聞き手)
会場:豊中市立市民ギャラリー 展示会場内
定員:15人

豊中市公式サイト:https://www.city.toyonaka.osaka.jp/jinken_gakushu/bunka/event/ev_art/kikakutenR3.html

※状況が記事の掲載時と異なる場合があります。公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ