今からコートを買い足すのって、ちょっともったいない。プラスするなら「バブアー」のライナーに決まりでしょ!


まだまだ肌寒い日が続く、1月下旬。そろそろ冬ファッションにもマンネリを感じてきたけど、新しい冬物、ましてやコートのような大物を買い足すなんて、ちょっともったいないですよね。



「そうはいっても、やっぱりコーデの雰囲気をガラッと変えてくれる新しいアウターが欲しい!」と考えている方は、ぜひ「Barbour(バブアー)」“ライナー”をチェックしてみて。



今のワードローブにプラスするだけで、新鮮なおしゃれを楽しめるはずですよ!



アウターとして着るのが当たり前になりつつある“ライナー”





@nonoman__ / Instagram



“ライナー”とは、コートやジャケットの内側に備えられた、取り外し可能な裏地のこと。通常はアウターに取り付けて着るものですが、数年前から、それを単体で着こなすおしゃれさんが増えて、一気にトレンドアイテムへと名乗りを上げました。



それ以来さまざまなブランドから“ライナー風”のアウターが登場するようになり、今ではすっかり定番のアイテムに。



“ライナー”というと、その時から多く出てきている“長袖のキルティングタイプ”を想像する方が多いかもしれませんが、Barbourのものは一味違うんです◎



「Barbour」のベスト型ファーライナーに注目!





@abesaki_ / Instagram





高い防水性と耐久性を誇る“ワックスドジャケット”を数多く展開している「Barbour」。もともと、水夫や漁師をはじめとする港湾労働者のために提供した、“不順な天候にも耐えられるジャケット”からスタートしたブランドです。



そんなBarbourのライナーは、アクリルファーが内側に配されたベスト型。本来はファーを内側にして着るところ、あえて裏返しちゃうのが、おしゃれさんの着こなし術なんです!



ちなみに、公式オンラインストアでもタイプの異なる2種類(税込1万7600円/税込2万900円)が販売されていますが、ヴィンテージのものを古着屋さんでゲットしている方も多いみたい。古着の中からぴったりの1着を探す、その過程ごと楽しんでみてはいかがでしょう?



冬も春も、新鮮なレイヤードコーデが楽しめちゃう





@ayabee12.t / Instagram



Barbourのライナーをコートの上から羽織れば、いつものコーデもなんだか違った雰囲気に仕上がります。



寒さが厳しい日には、厚手のウールコートの中に仕込んだり、上から重ねたり。はたまた、温度調節が難しい季節の変わり目は、薄手のアウターに重ねたり…。



おしゃれを楽しめる上、高い機能性まで備えたアイテムは、何かと重宝すること間違いなしですね!





@ayabee12.t / Instagram



もっとあたたかくなってきたら、ファーベストとしてトップスの上からさらっと羽織って。



後ろ姿でさりげなく見えるブランドタグが、こなれ感たっぷり。製品表示のタグが気になるなら、その部分だけ切り取っちゃうのもアリかもしれません。



ちなみに、ファーの面にはポケットが施されているものが多く、スマホやお財布をさっと仕舞えるのもうれしいポイントです。



Barbourのアウターは持っていないけど、ライナーだけ買っちゃおうかな





@ 54_62_98 / Instagram



Barbourのアウターを持っていなくても、これ1着で十分に大活躍してくれる“ライナー”。



冬のファッションに新鮮さが欲しい方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう?





カテゴリ