ブックオフが、不要品の買取を通じ“トンガ大規模噴火”の被災地を支援する取組みを開始

ブックオフが、不要品の買取を通じ“トンガ大規模噴火”の被災地を支援する取組みを開始


リユースショップのBOOKOFF(ブックオフ)と、ピースウィンズ・ジャパンとが共同で、不要品の買取を通じてトンガ大規模噴火の被災地を支援する取組みを、1月28日(金)より開始した。

未曽有の噴火被災地を不要品買取で支援


1月15日(土)にトンガ王国で発生した大規模噴火災害。

これを受け、ブックオフとピースウィンズ・ジャパンでは、ブックオフが提供している、本・不要品を寄付して応援するクラウドファンディング「キモチと。」を活用し、送ってもらった不要品の買取額全額が緊急支援に活用される取組みをスタートした。

ピースウィンズ・ジャパンは、発災直後から現地提携団体などからの情報収集を行っているが、安全な水の確保と火山灰の除去作業が急務とされており、特に、島嶼部や女性・子どもなど、公的な支援の届きづらいところに緊急支援を届けるべく、準備を進めている。

緊急支援や長期的な復旧・復興支援に活用


買取対象商品は、本、コミック、CD、DVD、Blu-ray、ゲームソフト、ゲーム機本体、おもちゃ、ホビー、スマートフォン、タブレット、パソコン、ブランドバッグ、宝飾品など。

なお、今回の取組みを通じて預かる寄付は、被災地域での食料、水、医薬品、衛生用品、避難所などの緊急支援および長期的な復旧・復興支援に活用される。

申し込み方法などの詳細は、クラウドファンディング「キモチと。」のプログラムページにて確認を。

プログラムページ:https://www.bookoffonline.co.jp/sellfund/BSfSellFundEntry.jsp?PARTNER_CD=ZW089
カテゴリ