Collableが、障害学生を対象とした冬のインターンシップの参加申込みを受付中

Collableが、障害学生を対象とした冬のインターンシップの参加申込みを受付中


Collableは、2月10日(木)~25日(金)の2週間にわたり、障害学生を対象とした冬のインターンシップ「GATHERING Youth(ギャザリング・ユース)」を開催する。Collableサイトの「GATHERING Youth」ページにて、2月3日(木)23:59まで参加者を募集中だ。

自分の得意不得意、好き・苦手を探る機会に


Collableは、誰もが社会に参画できる未来を目指し、障害がある人もない人もお互いが協力し、共創できるプロジェクトに取り組んでいる。

「GATHERING Youth」は、障害の種類や学年に関わらず、障害のある学生が参加できる企業インターンシップ・プログラム。障害があるからこそ早くから大学卒業後を描く準備を進め、不安を解消していきたいという学生の声から生まれたプログラムだ。

今回のテーマは“小さなチームで、大きな仕事を体感する”。障害者雇用の就活ではなかなか触れることのない仕事にあえてフォーカスし、自分の得意不得意、好き・苦手を探る機会になることを目的とする。

また、事前説明会も開催されるため、参加を迷っていたり、もう少し詳しい中身を知りたいという人は、事前説明会に参加してみよう。

 インターンシップ開催概要


インターンシップは、Zoomを使用した、オンラインでの開催となる。

参加費は無料で、定員は先着順20名。対象は、障害のある大学生、短期大学生、専門学校生で、全国から参加可能だ。また、情報保障としてUDトークによる日本語字幕が提供される。

Collable:https://collable.org/
「GATHERING Youth」ページ:https://collable.org/gathering-youth-2022Winter
カテゴリ