白馬エリア初!雪景色の中でプライベートサウナが楽しめるグランピング施設がオープン

白馬エリア初!雪景色の中でプライベートサウナが楽しめるグランピング施設がオープン


長野県白馬の「プチホテルぴー坊」は、サウナとグランピングを組み合わせた施設を2月上旬にプレオープンし、2月下旬に正式オープンする。

ヨーロッパ調の内装のドームテント


夏はキャンプやハイキング、冬はスキーやスノーボードなど自然豊かな観光地で注目されている長野県白馬の八方エリアに、コロナ禍でも三密を回避して楽しめるグランピング施設「From P」が誕生する。


「From P」には、新規で建設した3棟のドームテント、2棟のツインドームテントの合計5棟のドームテントがあり、1棟2〜4名の宿泊が可能。


それぞれのドームテントの内装には、北欧やフランスなどのヨーロッパをモチーフとした家具を配置し、高級感がありつつも居心地の良い空間が特徴となっている。


ドームテントからは白馬の山々を見渡すことができ、「From P」でしか体験できない非日常の体験を楽しむことができる。

アウトドアサウナから雪にダイブ!



3棟のドームテントにはバレルサウナも設置。


貸し切り状態で楽しめるプライベートアウトドアサウナでは、サウナストーンに水をかけ大量に蒸気を発生させる「ロウリュ」で体感温度を限界まで上げて大量の発汗を促せる。


さらに、白馬の雪解け水を使用した天然地下水の「水風呂」も。

「ぴー坊」の地下水には、日本人に不足しがちなカルシウム、マグネシウムがほかの天然水と比べ多く含まれている。また、健康な人の身体のph値(水溶液中にある水素イオンの酸性度)は7.4の弱アルカリ性のため、「ぴー坊」の地下水の7.3の弱アルカリ性の水は相性が良く、成分の吸収も良いといわれている。


冬季限定で、白馬のパウダースノーにダイブして体を冷やすスペースも制作が予定されているので、お楽しみに!

地元食材を使用した朝食・夕食



グランピングの醍醐味である夕食・朝食には、地元の食材をふんだんに盛り込んだ食事が用意されている。


ドイツで修行をしたシェフが考えたレシピで、ここでしか味わえない心も体も満たされる食事が味わえる。

白馬の大自然の中で雪景色を見ながら、好きな時間に思う存分サウナでととのい体験を楽しんでみては。

■From P
住所:長野県北安曇郡白馬村北城3020-45

※写真はイメージ
※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ