福岡の伝統織物に包まれて過ごす「久留米絣なステイ」プランが福岡・博多でスタート

福岡の伝統織物に包まれて過ごす「久留米絣なステイ」プランが福岡・博多でスタート


国内外から高い評価を受けている伝統織物「久留米絣」と「博多織」を体験できる部屋で、宿泊を通して「サステナブルな伝統織物の魅力」を訴求する「久留米絣なステイ」プランが、ホテルグレートモーニング博多でスタートした。

このプランは、福岡市の支援を元に、新しい生活様式や潜在ニーズに応え、新たな価値を創造することを目的として、ホテルグレートモーニング博多でスタートした。

サステナブルな魅力を体験



特注で誂えた久留米絣の布団カバーは創業125周年を迎える野村織物のもの。丈夫で、夏は涼しく、冬は暖かいという綿織物ならではの特徴を体感できる。

ホテルのエントランスには博多織を贅沢に使ったソファー、スタッフが羽織る久留米絣で仕立てられた制服。お部屋に置かれた伝統織物の歴史本など、ホテルに一歩入った瞬間から、いま世界的な課題となっている「大量生産・大量消費」で生み出される製品では感じることのできない、伝統織物ならではの、サステナブルな魅力を実感できるようになっている。

久留米絣



筑後地方に伝わる綿織物・久留米絣。無地が一般的であった約200年前、農家の娘の偶然の発見により生み出された。優しい風合いの柄を、織物に浮かび上がらせる技法。綿糸を先に染めてから織ることで、微妙なズレが生じ、独特なかすれ模様に。これが久留米絣の大きな特徴であり、魅力となっている。また「伊予絣(愛媛県松山市)」「備後絣(広島県福山市)」とともに日本三大絣の1つとして知られ、福岡の夏の風物詩、博多山笠の法被(はっぴ)にも使われている。同ホテルでは、制服やポケットチーフ、プラン限定の布団カバーに採用している。

博多織



770年以上もの歴史を持つ博多織。中国の王朝・宋から、博多の商人が持ち帰った織の技法がルーツといわれている。多くの経糸に、緯糸を強く打ち込むことで厚く、張りのある生地に織り上がるのが大きな特徴で、昔から和服や浴衣の帯として愛され続けてきました。1600年には、筑前福岡藩の初代藩主が幕府への献上品にも選んだ特別な織物。現在でも、その歴史から「献上柄」と呼ばれる伝統的な柄が博多織、ひいては博多地区のシンボル的な模様として、街中のさまざまな場所で使われているほど。同ホテルでは、ソファー、フットスローなどに採用。

「久留米絣なステイ」プランは2月14日(月)から予約を受け付けており、宿泊料金は12,000円~。予約はホテルグレートモーニング博多の公式サイトから。

ホテルグレートモーニング博多でのステイを通して、福岡の久留米絣や博多織の魅力に親しんでみては。

予約方法:https://hotelgreatmorning.com/?tripla_booking_widget_open=search&hotel_plan_code=HP12731642331709215228376&is_including_occupied=true
カテゴリ