鹿児島県霧島市の横川蒸留所が、2022年ウイスキー製造にあたり特別価格にて予約を開始

鹿児島県霧島市の横川蒸留所が、2022年ウイスキー製造にあたり特別価格にて予約を開始


横川蒸留所は、2022年ウイスキー製造にあたり、ウイスキーの予約受付を開始。初仕込みを記念して、特別価格にて現在入手困難とされているジャパニーズシングルモルトウイスキーの多数の予約枠を用意した。また、OEMの相談やオリジナルラベルなどの相談も受け付けている。

老舗の焼酎蔵がウイスキー造りに挑戦



横川蒸留所を営む黄金酒蔵は、昭和24年より焼酎造りを続ける老舗の焼酎蔵だ。鹿児島県霧島市にて「美味しく安心して飲める」「体に優しい焼酎造り」を企業理念とし、「遠赤焙煎仕込法」「PH値転換蒸留法」「芋麹の製造及び芋麹を用いた焼酎」など、他にはない製造法で、ユニークかつ美味しい商品づくりを行ってきた。

現在、長年の発酵、蒸留技術を活かしたウイスキー造りを通して、世界に挑戦しようと奮闘している。

霧島の山林が育むウイスキー



横川蒸留所ウイスキーの特徴は、仕込み水。大きな水源といわれるほど豊富な水源を蓄えた霧島山系の仕込み水となる「蒼き水」は、酵母の増殖に必須なミネラルを多く含み発酵を助ける効果が期待できる。


また、欧州の大手ワイナリーと提携予定であり、シェリー樽やワイン樽などの熟成樽を豊富に仕入れることが可能。樽熟成はウイスキーの風味を決める非常に重要な要素であり、よりフルーティな仕上がりのウイスキー作りが可能となる。


霧島市内の2つの地域、横川・国分敷根に蔵があるのもポイント。横川は標高が高く木々に囲まれ比較的涼しく、国分敷根は鹿児島湾(錦江湾)のほど近くで潮風の香る地域だ。将来的には横川と国分敷根、異なる環境で樽熟成させることで異なる個性をもったウイスキーを熟成させることができる。この異なる個性を活かして幅広い商品開発を目指していくという。


現在、初仕込みの記念価格にて、瓶及び樽(カスク)単位での予約を受け付けている。お得なこの機会を利用してみては。

クラウドファンディングも実施中


また、1月14日(金)~3月14日(月)の期間、READYFORにてクラウドファンディング「【試験蒸留成功!】鹿児島の焼酎蒸留所がウィスキーで世界挑戦」を実施中。ウイスキー予約権利などをリターンに用意しているので、こちらもチェックしてみて。

READYFOR:https://readyfor.jp/projects/yokogawa-distillery
プロジェクト名:【試験蒸留成功!】鹿児島の焼酎蒸留所がウィスキーで世界挑戦
カテゴリ