加古川のまちをもっと楽しもう!「2022かこがわ学講座・かこがわ検定」実施

加古川のまちをもっと楽しもう!「2022かこがわ学講座・かこがわ検定」実施


加古川観光協会とすっきゃ加古川は、加古川のまちに関する様々な知識を問う試験に合格した人を「かこがわ人」として認定する、「かこがわ検定」を3月5日(土)に実施する。また検定に先立って、知識を学ぶ「かこがわ学講座」を2月12日(土)より開講中だ。

「かこがわ検定」と「かこがわ学講座」


何気なく暮らし、眺めている加古川のまちの歴史や背景を知ることで、今まで素通りしていた風景が今までよりも愛おしく感じられる。「かこがわ検定」と「かこがわ学講座」は、そんな加古川のまちを知ってもらい、加古川のまちをもっと楽しんでもらうために開始された。今年で16回目の開催となる。

定員は、合計150名で初級は、だれでも、中級は、初級合格者、上級は、中級合格者となっている。

参加費は、初級・中級・上級ともに講座とセットで2,000円(学生は半額)だ。

「かこがわ学講座」の受講方法は、①YouTubeで視聴、②DVDで視聴、③会場で視聴(2月12日(土)実施済み)の3つ。

受検方法


「かこがわ検定」の日時は3月5日(土)14:00~15:00。

初級・中級は、①WEBによる受検と②会場で受検、上級は、会場で受験(東播磨生活創造センター「かこむ」講座研修室)となる。

「すっきゃ加古川」によって企画・運営


「かこがわ検定」と「かこがわ学講座」は、約10名の市民有志で結成される市民団体「すっきゃ加古川」によって企画・運営されている。また、上級合格者で結成される「加古川人の会」も勉強会やガイド活動等を展開し、検定の運営にも協力している。

すっきゃ加古川 代表プロフィール



「すっきゃ加古川」代表の池田吉弘氏は、加古川市在住。20代から地域活動や阪神淡路大震災の支援活動に参加。2007年から「すっきゃ加古川」の活動を始め、毎年2月のかこがわ学講座、3月のかこがわ検定の企画運営に携わる。

池田氏は、「自分自身もそうでしたが、まちのことを知っとるようで、実は知らんことって多いんですよね。知ることが好きになる第一歩と考えて、沢山の人に加古川のことを知ってもらえるよう活動しています。参加者が講座の内容に満足して帰る姿を見ると、とても嬉しいです。現在は、講座をYouTubeで配信したり、検定をオンラインで実施したりと、工夫も続けています。仕事をしている現役世代には参加しにくい印象があるかもしれませんが、まちのことを知ることで楽しみも増えると思うので、多くの人に興味を持ってほしいですね。」とコメント。

『かこがわ検定・かこがわ学講座』の申し込み、は郵送・FAX・メール・持参(加古川観光協会まで)にて承っている。

その他詳細は、加古川観光協会HPで確認を。

興味のある人は、「かこがわ検定」を受験してみては。

加古川観光協会HP:https://kako-navi.jp/kakoken.html

※コメントは、加古川市シティプロモーションサイト「加古川暮らし」より抜粋
カテゴリ