「Roots of Kawaii 内藤ルネ 生誕90周年 POP UP SHOP」が阪神梅田本店で開催中

「Roots of Kawaii 内藤ルネ 生誕90周年 POP UP SHOP」が阪神梅田本店で開催中


『内藤ルネ』生誕90周年の記念すべき2022年に、全面リニューアルオープンした阪神梅田本店にて、「Roots of Kawaii 内藤ルネ 生誕90周年 POP UP SHOP」が2月16日(水)~22日(火)の期間で開催中だ。

Kawaii文化の生みの親



「Kawaii文化の生みの親」(Roots of Kawaii)と称され、1950~1960年代にかけて日本の少女文化をリードしたマルチクリエーター・内藤ルネ氏。


内藤ルネ氏は、ヴィヴィットに彩られたキッチュな少女画で、その当時の古い美少女観に固執することなく、パンダをはじめとする動物の愛くるしさから野菜、フルーツにいたるまでの誰もが見過ごしていた“カワイイの芽”をあらゆるものの中に見出し、命を吹き込み、人々に発信してきた。

同氏が生み出し続けた「カワイイ!」の世界観は、当時の少女たちだけでなく、世代を超えて今もすべての人々を魅了し続けている。

内藤ルネ生誕90周年



2022年、内藤ルネ氏は生誕90周年を迎えた。


この記念すべき年に、全面リニューアルオープンした阪神梅田本店のアート&カルチャーフロアにて、特別なPOP UP SHOPを期間限定で展開中だ。


JAPANカルチャーを代表する「Kawaii」のルーツとも言われる内藤ルネ氏のメッセージが盛り込まれた公式グッズの数々を取り揃えた、関西圏での待望の開催となる。愛と夢にあふれた「Kawaii」の世界を楽しんでみて。

内藤ルネ


内藤ルネ氏は、1932年愛知県岡崎市生まれ。1951年中原淳一が主宰するひまわり社に入社し、『ジュニアそれいゆ』を中心に多くの雑誌でイラストレーターとしても活躍。1960年代以降は自身の描いたキャラクターをデザインしたファンシーグッズも手がけ、中でも「ルネパンダ」は大ヒットとなる。また少女雑誌には手芸やインテリアの提案をしたり、自由な発想で写真やエッセイも連載。2002年に弥生美術館(東京)で初の回顧展を開催し、再び脚光を浴びる。2007年惜しまれつつ永眠、享年74歳。近年も広い世代に多くのファンを持つ「Kawaii文化の生みの親」だ。

■『内藤ルネ』生誕90周年 POP UP SHOP
会場:阪神梅田本店8階ハローカルチャー4
期間:2月16日(水)~22日(火) 最終日は17:00閉場

ⒸR.S.H/RUNE

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ