使ってみてわかった、透け感のかわいさ!Fujikoの新作「足しパレ」なら垢抜けおしゃれフェイスになれちゃう


何色も入ったアイパレットは、それ1つでアイメイクが仕上がる優れもの。だけれど、いつも使う色は固定されてマンネリしてしまったり、なかなか出番の来ない色があったりもしますよね…。



せっかくなら、“本当におしゃれで使える色”だけが詰まったアイテムがほしいところ。さらに、手持ちのアイテムと組み合わせて使えたら、メイクの幅も広がって一石二鳥!



そんなわがままを叶えたアイパレットが、Fujiko(フジコ)から登場しているんです。今回は新作の「足しパレ」を全色レビュー。ぜひ、カラー選びの参考にしてくださいね!



ひと塗りで“かわいい”が叶う、Fujikoの「足しパレ」





こちらが2月25日(金)に発売された、Fujikoの「足しパレ」(税込2090円)です。



本当に使える色だけを詰め込んだパレットは、まさに捨て色なし。単色でも垢抜けアイが仕上がる上に、複数の色を重ねてもおしゃれな雰囲気になれちゃいます。シアー感が特徴だから、手持ちのアイカラーと組み合わせて使うことも可能。



全3種類展開で、写真の『01 彫り深ウォーム』はあたたかみのあるカラーがセットになったパレットです。





こちらは、どちらかというとブルベさんにおすすめな『02 彫り深モーヴ』。かわいらしい印象のピンクをポイントとして取り入れつつも、深い奥行きのある、大人な目元が叶います。





ギラギラしすぎない、シアーなラメを求めている人には『03 うるみラメ』がぴったりですよ。思わず釘付けになっちゃう、うるうるとした魅力的なアイメイクに仕上げて。



「足しパレ」全色をスウォッチ!ふわっと、シアー感がたまらない…





01 彫り深ウォーム』のスウォッチがこちら。すべてマットな質感で、薄づきな印象です。写真のようにはっきりと色がわかるようにするには、何度か重ね塗りが必要かも。



ニュアンスをプラスしたいときや、淡いグラデーションにしたいときなど、少しずつ色を調整するのに重宝しそうですよ。



単色でアンニュイな目元を作るほかに、2色を重ねて深みを出し、引き締まったアイメイクに仕上げるのもおすすめ!





柔らかい色味がそろった『02 彫り深モーヴ』は、春や秋に活躍しそうなパレット。塗ってみる前は、濃い色味の下2色を「締め色かな?」と思っていましたが、実は透明感が抜群なんです。



1〜2度手にとって肌に広げると、ふわっと柔らかい色味に。深みがあって、かつ重ね塗りもできるようなシアー感のある色味って今まで意外となかったから、これは貴重かもしれません…!





細かなラメがキラキラと輝く『03 うるみラメ』は、さりげなくかわいさをプラスできるパレット。先ほどのマットなカラーに重ねづけすれば、目立ちすぎない、自然に潤んだ瞳が作れちゃいます。



「1番下のトラ柄のようなカラーは一体何色なんだろう…」と思っていたところ、肌に乗せてみるとオレンジとブラウンの中間のような色合い。



まぶたの上にちょこんと乗せたり、目尻にアクセントとして付けたりするのも良さそうですよ。



重ね塗りでもかわいいって何事





ここからは、パレット内の2色を重ね塗りしたカラーをご紹介。



「01 彫り深ウォーム」の真ん中2色を合わせると、あたたかみのあるナチュラルな色味になりますね。





「02 彫り深モーヴ」の濃い2色を組み合わせると、アンニュイな大人っぽい雰囲気に。暗髪さんや、目元をキリッとさせたい日のメイクに合いそうです。



もう少し柔らかい雰囲気にしたい場合は、ピンクやラメをプラスしてみて。





「ラメ同士を重ねるとうるさくなっちゃうのでは…?」という心配も、この足しパレでは不要。



繊細でシアーなラメだから、「03 うるみラメ」の右2色を組み合わせても、おしゃれなカラーになるんです。透け感があるからこそ、盛りすぎずに自然な仕上がりにできちゃう。



手持ちのアイカラーに合わせて、お気に入りの組み合わせを探すのも楽しそうですね!



Fujikoの「足しパレ」、これは全色欲しくなっちゃう…





単色でも重ね塗りでもかわいい「足しパレ」は、全種類買いたくなっちゃうほどの絶妙なカラー揃い。春になって心機一転、新しいメイクにトライしたいという人は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょう?



Fujiko公式サイト

https://fujikobrand.com/



カテゴリ