吉原の歴史と文化に触れ、「桜なべ 中江」で“桜なべ”も楽しめる散策イベントが追加開催

吉原の歴史と文化に触れ、「桜なべ 中江」で“桜なべ”も楽しめる散策イベントが追加開催


創業明治38年、浅草・吉原発祥の「桜なべ」の伝統を守り続ける「桜なべ 中江」が、吉原の歴史と文化に触れられ、東京の郷土料理「桜なべ」も体験できる「四代目とまわる吉原散策イベント」を、桜の開花時期に追加開催する。

今年2月に初開催された人気イベント



今年で創業117年を迎える「桜なべ 中江」。関東大震災で倒壊後に再建され、もうすぐ築100年を迎える店舗は、国の有形文化財に登録されている。

同店は、今年2月、“大人の初体験”をテーマに、吉原初心者向けのイベント(四代目中江とまわる吉原散策&中江での食事)を開催。4日程で開催したが、募集開始から4日で満員になる人気イベントとなった。

そこで、桜の開花にあわせ、まず3月に3日程、4月に5日程での追加開催を決定。曜日に限らず参加できるよう、平日と週末の両方で開催日が設けられている。

3月「大人の初体験~花の吉原編~」山谷堀散策コース


3月は、「大人の初体験~花の吉原編~」山谷堀散策コース。

お花見も桜なべも吉原⽂化も味わえる内容で、3月19日(土)・25日(金)・26日(土)の開催。時間はいずれも13:00〜14:30で、「桜なべ 中江」での食事後、桜を見ながら山谷堀を隅田川方面まで散策する。なお、25日(金)のみ、高尾太夫のお墓を参拝する。

4月「大人の初体験~花の吉原編~」通常散策コース


4月は、2月と同様、吉原が初めての人向けの内容。「大人の初体験~花の吉原編~」通常散策コースを開催する。

実施日は、4月9日(土)・10日(日)・17日(日)・20日(水)・23日(土)。時間はいずれも12:30〜14:30。「桜なべ中江」に集合後、見返り柳、吉原神社、吉原大門跡、吉原最後の料亭「金村」などを見学し、その後「桜なべ 中江」で食事をする。


どちらも参加費は⼀⼈3,980円(税込・中江コース⾷事代込)で、定員は各回10名(先着順)。5名以下の場合は不催行となる。

“桜の咲く頃に美味しくなるから桜肉”とも言われる桜肉の「桜なべ」を、吉原散策とともに楽しんでみては。イベントの申込みは、電話またはHPの問い合わせページにて受け付けている。

桜なべ 中江:http://www.sakuranabe.com/
問い合わせ:http://www.sakuranabe.com/form1/contact1.html
カテゴリ