ジャズ・トランぺッターの日野皓正氏が、「ワイデックス サウンドパートナー」に起用

ジャズ・トランぺッターの日野皓正氏が、「ワイデックス サウンドパートナー」に起用


デンマーク発の補聴器メーカー「ワイデックス」が、世界的なジャズ・トランぺッターの日野皓正(ひのてるまさ)氏を「ワイデックス サウンドパートナー」に起用した。

補聴器装用率が低い日本


日本では「補聴器を使うこと」をためらう人が多く、聞こえにくいと感じてから補聴器を買うまで6年近くかかると言われている。補聴器装用率も難聴者のうち14.4%と欧米に比べて圧倒的に低いのが現状だ。

生活や人生を変える補聴器


これには、費用や供給体制などさまざまな要因があるが、最も大きな障壁となっているのが「年寄りくさい」「他人に知られたくない」といった補聴器に対するネガティブイメージ。

しかし、補聴器は単に聞こえを補うだけの器械ではなく、補聴器を着けることで生活が変わり、気持ちが変わり、人生が変わることもある。

補聴器ユーザーのプロミュージシャン


ジャズ・トランぺッターの日野皓正氏は、プロのミュージシャンでありながら、10年程前から難聴に悩み補聴器を使用。

今回、「ワイデックス」の補聴器を使用し、その音質を認めたことから、「ワイデックス サウンドパートナー」に就任することとなった。

日野氏はインタビューの中で“いい音楽を演(や)れるんだったら、補聴器でもなんでも使えばいい。僕にとって大切なのは、みんながハッピーになれる音を追求することなんだ。”とコメント。インタビュー内容は、「ワイデックス」HPやカタログに掲載されている。

補聴器の素晴らしさを伝えていく


79歳になる現在も海外に拠点を置きながら、日本でもライブを開催し、精力的に音楽活動を行うなど、アクティブなライフスタイルを維持し続けている日野氏。

今後は「ワイデックス サウンドパートナー」として補聴器の素晴らしさ、「ワイデックス」の“Most Natural Sound”を多くの人に伝える活動を行う。

店頭ポスターやカタログのデザインも一新


また「ワイデックス」はこの度、コーポレートサイトおよび店頭ポスター、カタログなどのデザインも一新。より多くの難聴者に補聴器の利便性と同ブランドの価値を伝えていく。

サウンドパートナー日野皓正氏を通して、補聴器をつけて生活することの楽しさ、素晴らしさを知り、補聴器装用の第一歩を踏み出してみては。

ワイデックスコーポレートサイト:http://japan.widex.com/ja-jp/
カテゴリ