“りんごの固定概念を変える酸っぱさ”で人気のりんごジュースが12本セットで登場!

“りんごの固定概念を変える酸っぱさ”で人気のりんごジュースが12本セットで登場!


キミドリが運営する「すっぱい林檎の専門店。」に、3月9日(水)から2種類のすっぱいりんごジュースが計12本(各180ml)入ったセット商品が登場!

強い酸味が特徴の人気2トップの商品の詰め合わせとなっている。

主に盛岡産のりんごを使用



開業当初から、単一品種のりんごで搾るストレート100%のジュースを販売している「すっぱい林檎の専門店。」。

岩手県盛岡市はりんごの産地としては青森や長野ほど産業化していない分、品種がバラエティ豊か。同店のりんごジュースは、原料の8割程度が盛岡産だ。

同店のりんごは、生産量の少ない品種、地元の産直にすら並ばない酸味の強い品種など珍しいものが多い。2022年3月時点で9種類のりんごジュースを取り扱っている。

酸味の強いレベル5とレベルXのセット


新登場のセット商品は、酸味の強いりんごジュース2種を各6本ずつ詰め合わせたもの。

同店独自の基準で定められた5段階の“すっぱさレベル”の中でも、酸味の強いレベル5と“レベル5を超越しており、規格外”とも評される最強の酸味を誇るレベルX(エックス)の計12本セットだ。

どちらも強い酸味が特徴だが、多忙を極めるビジネスパーソンほど日常的に愛飲していることが多かったことからセット商品化に至ったという。


すっぱさレベル5のりんごジュースに使用されている品種は「ブラムリー」。原産国のイギリスでは「Cooking Apple」として定着している品種で、そのまま食べると渋い酸味があるが、加熱するとほんのり甘さが増す。

同店のりんごジュースは、生ジュースではなく加熱殺菌を加えたビン入りのため、生食より口にしやすくなっている。


すっぱさレベルXのりんごジュースの品種は「メイポール」を使用。りんごジュースの中では限りなくレモンに近い味わい。ポリフェノールの一種・アントシアニンが他のりんごよりも多く含まれている。

12本セット商品の価格は5,000円(税込・送料別)で、「すっぱい林檎の専門店。」の店舗およびECサイトで購入できる。

忙しいハードワーカーの人は、この機会にすっぱさレベル上位のりんごジュースにチャレンジしてみては。

「すっぱい林檎の専門店。」:https://www.kmdr.jp/
カテゴリ