宮崎の離島に“唯一”の食堂「満月食堂」がオープン!「濃厚鯛ほぐれ」の通販もスタート

宮崎の離島に“唯一”の食堂「満月食堂」がオープン!「濃厚鯛ほぐれ」の通販もスタート


日々とデザイン社は、宮崎県延岡市にある宮崎唯一の有人離島・島野浦にて、「満月食堂」を3月19日(土)にオープンする。

漁業の島として有名な島野浦



宮崎県の県北にある延岡市の中心部から北東へ約12kmに位置する「島野浦島」は、もともと2000人超が住む漁業が盛んな島で、漁がお休みとなる“満月の日”は、島の飲食店等に漁師たちが集まり賑わっていた。

しかし、漁業の衰退とともに住民も減少し、現在の住民は800人ほど。島の人が気軽に集まったり、島外からきた人が食事できたりするような飲食店やカフェなどが一軒もなく、少子高齢化、空き家の増加などの問題も抱えている。

その反面、県内外から多くの磯釣りファンが足を運ぶ人気スポットで、珍しい海食トンネルや「オオスリバチサンゴ」「ソフト・ハードコーラル」を見ることができ、海中に生息する生物たちの種類も豊富な事からダイバー達にも愛されている。2009年には「国土交通省都市・地域整備局」主催による「島の宝100景」にも選出された。

かつての“満月の日”の賑わいを取り戻す


「満月食堂」は、“もう一度活気のある島となるように”という想いからオープンに至った。また、かつての“満月の日”の賑わいを取り戻し、この素晴らしい島をもっと多くの人に知ってもらいたい、という思いを込めて「満月食堂」という名前をつけ、オープン日も満月となる3月18日(金)の翌朝19日(土)の11時オープンとした。

島の人にとっての日々過ごす場所やコミュニケーションのきっかけとなり、島外から来た人が立ち寄られるスポットを目指し、離島活性化の一環として、地域住民と移住者が一緒になって関係人口創出のきっかけ・場所をつくっていく。

惣菜・弁当・イートインの営業


同店は、土日祝は惣菜・弁当・イートインの営業、その他営業日は惣菜・弁当販売のみとなる。

メニューは、「島いりこダシの牛すじカレー」「しまうら真鯛の鯛茶漬け」「海鮮丼」「日替わり定食」「フィッシュフライバーガー」がラインアップ。

団体での予約とオードブルの予約は1週間前、弁当の団体予約は2日前までで、定休日の予約については要相談となっている。

鯛フレークの通販・催事出品も



また、コロナ禍で島に来られない人にも手軽に同店の味を楽しんでもらえるように、島で育った鯛を使用した「濃厚鯛ほぐれ」を日々とデザインオンラインショップにて発売する。シャケフレークのように鯛をフレークにした商品で、「大人の塩味」1,458円(税込)と「うま味の醤油味」1,350円(税込)の2種類が登場。4月より順次発送予定となる。

3月12日(土)・13日(日)には、福岡三越ライオン広場にて行われる「宮崎物産展in天神」にて「濃厚鯛ほぐれ」の販売も実施する。

離島の味を、「満月食堂」&お取り寄せで味わってみては。

■満月食堂
住所:宮崎県延岡市島浦町736番地5
営業時間:水曜〜日曜日・祝日 11時〜15時 
定休日:月曜・火曜

日々とデザインオンラインショップ:https://hibi-to-design.stores.jp

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ