開港前後の横浜の歴史を居留地の遺跡と共に分かりやすく楽しめるツアーが、3月も開催

開港前後の横浜の歴史を居留地の遺跡と共に分かりやすく楽しめるツアーが、3月も開催


KAATフレンドシッププログラムの一環として、かながわ考古学財団の天野賢一さんのガイドによる山下居留地遺跡を舞台にした横浜の開港時の様子を感じられるガイドツアーが、3月19日(土)・20日(日)に、KAAT神奈川芸術劇場およびその周辺で開催される。

開港当初の横浜へタイムトラベル!



2007年、KAAT神奈川芸術劇場とNHK横浜放送局の建物の建築工事の際、地面に外国商館と街路の姿が現れて、ながわ考古学財団による発掘調査がおこなわれ、開港時の横浜外国人居留地の様子が明らかになった。

山下居留地遺跡を舞台にした「タイムトラベルツアーマイナスY163」は、今から163年前、開港当初の横浜へ、発掘調査を担当したかながわ考古学財団の天野賢一さんのガイドで、1時間でいっきにさかのぼるツアー。

2月に参加した人からは、“地面の下の眠れる遺跡に感動しました。開発されないと眠ったまま、目にすることが出来ないので昔の横浜を妄想しながら街を歩くのも楽しそうだと思いました。”や、“横浜に住んでいても意外と横浜の歴史を知らないので、このように身近なところで歴史を感じられるイベントは楽しいです。”などの声が寄せられた。

そんな、好評の「タイムトラベルツアーマイナスY163」が、3月も開催される。

ワイヤレスイヤホンガイドを使用


同ツアーでは、アトリウムでスライドを使った概要の説明のあと、ワイヤレスイヤホンガイドを装着し、外構を巡ることで、参加者同士の距離を保ちながら、屋外での説明の聞こえづらさも解消する。

開港時の絵地図や遺跡の写真を載せた冊子が配付され、昔の地図や写真を家に帰ってから楽しめるのも嬉しいポイントだ。

子どもや聴覚に障がいがある人も参加可能



また、小学校3年生以上を対象とした子ども版ツアーも開催。横浜の開港の歴史や考古学への興味の扉を開くとともに、県の文化施設に気軽に親子で来てもらうことを目指している。

さらに、聴覚に障がいがある人向けのツアーも実施。手話通訳、文字情報の方が良いという人には、UDトークをつかった字幕提供を予定している。

ツアーの詳細


ツアーの参加料は無料。暗い客席に座り続けることが苦手な人や車いすで段差が心配な人、小さな子どもがいる人も安心して参加できるプログラムとなっている。

開催時間は、10:30~11:30、13:00~14:00、15:00~16:00で、定員は各回最大30名。現在、KAATサイトの応募フォームにて、申し込みを受付中だ。

応募フォーム:https://www.kaat.jp/d/timetraveltour
カテゴリ