プレミアムテキーラ「クラセアスール」×米澤文雄シェフのレストランが限定オープン!

プレミアムテキーラ「クラセアスール」×米澤文雄シェフのレストランが限定オープン!


Clase Azul Asiaは、メキシコ発のプレミアムテキーラとして知られる「クラセアスール」と、世界を舞台に活躍する米澤文雄シェフがコラボレーションした期間限定レストラン「Clase Azul x Fumio Yonezawa」を出店する。

テーマは、「クラセアスール・エクスペリエンス〜食事とテキーラを楽しむという新しい発見〜」。期間は3月31日(木)から4月2日(土)の3日間限定で、場所は、人気レストランが集結する虎ノ門横丁のポップアップスペースを予定している。

世界が注目するプレミアムテキーラ



クラセアスールは、製法からボトル作りまで、職人の伝統的な技術と技法で手作りされた唯一無二のアート作品。現在では世界50カ国以上で販売されており、国内外の多くの著名人やアーティストなどから絶大な人気を誇る。

日本では2020年に発売されて以来、これまでのテキーラの概念を覆すほどの香りと味わいが高評価を得て、急成長を遂げているブランドだ。

食とテキーラのスペシャルな体験


今回、クラセアスールがコラボレーションをする米澤シェフは、ニューヨークのミシュラン三つ星の高級フレンチ「Jean-Georges」本店で、日本人初のスー・シェフに就任した経歴を持つ。また、ヴィーガン料理の先駆者として、日本をはじめ世界で活躍する注目のシェフでもある。

「Clase Azul x Fumio Yonezawa」では、クラセアスール・テキーラに合わせてスパイスを使用した、米澤シェフ監修のラテンアメリカ料理を、期間限定のアラカルトメニューにて提供するとのこと。日本でまだ知られていない、本当のテキーラの嗜み方に気づく体験ができるだろう。

メキシコの職人がひとつひとつ手作業で成形した洗練されたボトル、ハンドペイントで施した装飾、香り高く無類の味を奏でる熟成されたなめらかなテキーラ。この春、米澤シェフの傑作アラカルトとともに、クラセアスール・テキーラの歴史と世界観を楽しんでみては。

■「Clase Azul x Fumio Yonezawa」レストラン
開催期間:3月31日(木)〜4月2日(土)
営業時間:3月31日(木) 17:00〜23:00、4月1日(金)〜4月2日(土) 11:00〜15:00、17:00〜23:00
開催場所:東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズ「ビジネスタワー」3F 虎ノ門横丁イベントスペース
Clase Azul Asia website :https://www.claseazulasia.com

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ