“泊まれる公園”が九州初上陸!「INN THE PARK 福岡」オープン

“泊まれる公園”が九州初上陸!「INN THE PARK 福岡」オープン


3月15日(火)、“泊まれる公園”をコンセプトとした公園一体型の宿泊施設「INN THE PARK(イン・ザ・パーク)福岡」がオープン。

2017年9月開業の「INN THE PARK沼津」に続くシリーズの2施設目で、九州では初の開業となる。

全4タイプ30棟の宿泊部屋



「INN THE PARK 福岡」は、福岡市東区の海の中道海浜公園内に誕生した。

中道海浜公園は、東西に約6km、総敷地面積350ヘクタールという代々木公園5個分にあたる広大な敷地内に、動物園や屋外プール、水族館、野外劇場等を備え、豊かな自然やさまざまなアクティビティが楽しめる国営公園だ。


同施設は、そんな公園内で博多湾が一望できる「光と風の広場」の中に位置する。

宿泊部屋の球体テントは、直径6m。およそ2階建て建物ぐらいの高さのある球体テントが全13棟用意されている。


他には、部屋ごとに暖炉のあるリビングや、アウトドアガストロノミーをテーマにした部屋食が楽しめるダイニングを備えたグランピングが全12棟、


カップルやおひとり様専用の小さなキャビンが全3棟、


大人2~4人の利用が可能なスイートルームが全1棟2室。

おひとり様からカップル、ファミリーまで様々なニーズに応えられるよう、全4タイプ30棟の宿泊部屋が用意されている。

レストランとバーベキュー場を完備



昼は気軽な食堂兼コーヒースタンド、夜は近隣の新鮮な魚介や福岡の肉・野菜を中心に、フランス料理をベースにしたコース料理が食べられるレストランがある。

特に昼は、テイクアウトが充実しているという。公園内の好きな場所で、ランチボックスを広げて楽しめる。


バーベキュー場もあり、昼はシェフが一手間凝らした本格的なバーベキューが手ぶらで楽しめ、日帰りでバーベキュー単体での利用も可能だ。

夜は昼間とは雰囲気が一変し、フロア内をミラーボールが照らすラウンジとなる。

温浴施設や音楽プログラムも充実



さらに海辺のエリアには、開放的な温浴施設が誕生。銭湯を模した空間には、水風呂や屋外スペースも備えられている。

また、施設を取り巻く環境や季節に基づいて選ばれたレコードをプレーヤーとともに持ち出し、好きな場所で楽しめるポータブルレコードサービスなど、音楽の街としても知られる福岡にふさわしく、さまざまな音楽コンテンツ・プログラムが充実している。

「光と風の広場」エリア内には、巨大アスレチックタワーやホーストレッキングが楽しめる厩舎などが整備されるほか、隣接するマリーナでのクルージング、公園内の動物園・水族館・プールなど充実したアクティビティが楽しめる。

「INN THE PARK 福岡」で開放的な時間を楽しんでみては。

■INN THE PARK 福岡
住所:福岡県福岡市東区西戸崎18-26 海の中道海浜公園「光と風の広場」内

予約:https://www.innthepark.jp/
カテゴリ