まるでサンドウィッチ!小倉織のたて縞をかまぼこで表現したSHIMABOKOが発売

まるでサンドウィッチ!小倉織のたて縞をかまぼこで表現したSHIMABOKOが発売


北九州の台所である旦過市場で大正九年よりかまぼこ店を営む「小倉かまぼこ」と、同じ小倉の地でおよそ400年の歴史ある小倉織のオリジナルテキスタイルを販売する「小倉縞縞」。

2社の共同開発により、まるでサンドウィッチのような縞模様のかまぼこ「SHIMABOKO」が、3月26日(土)より発売される。

3つの味と色をかまぼこで表現



年々減少している日本のかまぼこ生産量。一度途絶えた歴史を持つ小倉織。

今回の共同開発は、“同じ小倉の地で、共に未来につなぎ、若い世代へ発信していきたい”という想いから始まったという。


「SHIMABOKO」1,036円(税込)は、その名のとおり縞模様のかまぼこ。小倉織の縞を「黄:柚子」「緑:あおさ」「薄紅:辛子明太子」で表現。

どの味とどの色が最適か、様々な素材で試行錯誤が繰り返され、この3つの味と色に決定したという。同商品の監修は、染織家・築城則子氏が担当している。

オードブルやサラダとしてのアレンジも



柚子のさわやかな香りの黄、国産あおさの風味豊かな緑、辛子明太子のピリッ、プリッが刺激的な薄紅。白には、最高級のイトヨリダイを使用され、やさしい縞模様が誕生した。


見た目はまるでサンドウィッチだ。


そのまま皿に盛っても可愛らしく、気軽につまんだり、食材と合わせたりとオードブルやサラダとしてもアレンジが効く。

販売場所は「小倉かまぼこ」の本店、旦過店、同社オンラインショップ。また、きたきゅうコロンブス小倉井筒屋本館6階でも販売される。

見た目も楽しいデザインの「SHIMABOKO」を、味わってみては。

■小倉かまぼこ
本店:福岡県北九州市小倉北区紺屋町2-20
旦過店:福岡県北九州市小倉北区魚町4-2-19
オンラインショップ:https://kurakama.official.ec/

■きたきゅうコロンブス小倉井筒屋 本館6階
住所:福岡県北九州市小倉北区船場町1-1
カテゴリ