北欧のデザイナーにフォーカス!「小さな北欧美術館」が大阪・中之島図書館から開催

北欧のデザイナーにフォーカス!「小さな北欧美術館」が大阪・中之島図書館から開催


大阪・中之島図書館にて「アンネ・パソ展」〜フィンランドの自然から生まれた幾何学美〜が3月24日(木)より開催される。

日本の北欧ファンに向けて



同展は、大きな美術館ではまだ紹介されていない、優れた才能を持つユニークな北欧のデザイナーにフォーカスし、日本の北欧ファンに紹介していくことを目的とした「小さな北欧美術館」プロジェクトの企画展。

同プロジェクトの企画展の開催場所は、大都市の大規模な美術館ではなく、日本各地小都市の公共施設やギャラリーなどで開催していくという。


会場では、デザイナーとのライブや親子で参加できるワークショップも開催。また、展示品をバックに自由に写真が撮影でき、撮影スポットも設置、SNSに連携した企画も楽しめる。

企画展に併設されるミュージアムショップ「Söpö Museo(ソポ ムセオ)」では限定品や北欧のセレクトされた商品を展示販売。大量の在庫を積み上げての販売ではなく、QRコードを付けたサンプルを各1点のみ展示し、その場で読み取ることで特典付きで商品が購入できるスタイルだ。

フィンランドの自然から生まれた幾何学美



自然林の「木」から、素敵に加工された「木」のオブジェを生み出した、インダストリアルデザイナー「アンネ・パソ」。平面の板から組み上がった作品は、親しみ深く、身近に飾りたくなるものばかりだ。


今回この春に発表となる新作の「ハリネズミ」に加えて、


彼女が15年の間にデザインしてきた、小さな動物作品から大きなクリスマスツリーまでが紹介される。

会場の中之島図書館は、120年の歴史ある日本の重要文化財。光が差し込む窓からは、大きな川が眺められる。

自然の移ろいを感じながら「アンネ・パソ展」〜フィンランドの自然から生まれた幾何学美〜に足を運んでみては。

■「アンネ・パソ展」〜フィンランドの自然から生まれた幾何学美〜
日時:3月24日(木)〜3月26日(土) 10:00〜20:00(最終日〜18:00)
会場:大阪府立中之島図書館 2階 特設会場
住所:大阪府大阪市北区中之島1丁目2-10
URL:https://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/
※初回記念展につき入場無料
カテゴリ