AIを活用した“やみつき”になる究極の味!新商品「おにぎりせんべい AIせんべい」発売

AIを活用した“やみつき”になる究極の味!新商品「おにぎりせんべい AIせんべい」発売


マスヤから、ロングセラー商品「おにぎりせんべい」の新商品「おにぎりせんべい AIせんべい」が新登場。3月22日(火)から、一部店舗及び沖縄を除く全国のローソンにて先行発売中だ。

AIが味を科学し、人が“やみつきになる味”を創り出す


「おにぎりせんべい AIせんべい」は、テレビ東京のビジネス開発バラエティ番組『今日からやる会議』のビジネスコラボ企画をきっかけに、データアーティスト社からAI(人工知能)による「味覚設計プロセス」の提供を受けて開発されたもの。

商品コンセプトである“やみつきになる究極の味”を追求する過程において、データアーティスト社のAIが1兆回以上のシミュレーションの中から導き出した“やみつき度”が最も高い食材の組合せを、マスヤの開発メンバーが最終的に商品に落とし込んで完成した。

AIが弾き出したやみつき度は99.8%を示しており、いわばAIを用いて“やみつきになる味”を科学的に分析し、人が最適な味覚を生み出したせんべいとなっている。

通常とは全く異なる開発プロセス



商品開発にAIを活用し、「売れそうな商品は?」「誰に買ってもらう?」「どんな味にする?」というところから始まる従来の開発プロセスとは全く違うアプローチによって誕生した「おにぎりせんべい AIせんべい」。マスヤのロングセラー商品である「おにぎりせんべい」のもつ信頼と、AIという不思議さを残し、それでもせんべいなんだと思ってもらえるように「AIせんべい」と命名したという。

せんべいの常識を変える「おにぎりせんべい AIせんべい」を手に入れて、AIが導き出した“やみつき”の味を試してみては。
カテゴリ