人気キャラクターショップを集積したバーチャルショッピングモールがメタバースに登場

人気キャラクターショップを集積したバーチャルショッピングモールがメタバースに登場


ベネリックデジタルエンターテインメントは、人気キャラクターのショップやイベントスペースを併せ持つバーチャル空間の商業施設「そらのうえショッピングモール」を、monoAI technologyが開発・運営するバーチャル空間プラットフォーム「XR CLOUD(エックスアールクラウド)」に展開し、3月下旬にリリースする。

人気のキャラクターショップが集結



「そらのうえショッピングモール」は、インターネット環境があればどこからでも来場可能。スマホやPCなどを用い、来場者はアバターを通じて参加できる。

アバターはゲーム感覚で簡単に操作することができ、キャラクターショップや有名専門店、イベント会場が集まっているメタバースのショッピングモール内を自由に歩き回ることが可能。実際の商業施設を超えた仮想空間ならではのコンテンツも準備されている。


特徴の一つは、人気キャラクターショップが集まったバーチャルショッピングモールであること。

「ジブリがいっぱい どんぐり共和国」「ウルトラマンワールドM78」「トミカショップ/プラレールショップ」「エヴァンゲリオンストア」などのキャラクターショップが続々と集結した、夢のようなショッピングモールだ。キャラクターショップ以外にも様々なショップの展開を計画していて、年内には100店舗以上が集結する予定というのでお楽しみに!

BUYでは無い、SHOPPINGの楽しみ



行きたかったお店や気になっていたお店、実際の商業施設に行かなければ出会わなかったかもしれないお店を、バーチャルな空間で発見することができるのもポイント。ショッピングモールに出かけて回遊した際に起こるセレンディピティ、偶発的な出会いを実現し、ウィンドウショッピングの楽しさをアバターになって体験することができる。


また、360度カメラで撮影したショップで、実際のお店の中にいるように商品を探すことが可能。“魅力的に飾られたディスプレイ”や、“イチオシのオススメ商品”など、店内を見て回ることで「目的を忘れて、目を奪われた商品を購入してしまう」という実際の買い物体験で時折起きる“予期せぬ商品との偶発的な出会い”を体験でき、BUYでは無い、SHOPPINGの楽しみを感じられる。

売場や商品によっては、スタッフによる接客動画による商品説明などが流れるギミックや、スタッフアバターから店頭で声掛けをされるなどの演出もあり、店ごとの魅力も楽しめる。

バーチャルからリアルへの誘引も


バーチャルツアーで実際にあるお店の回遊体験をすると、実際にその場所に行ってみたいという気持ちが高まってくるほか、実際の商業施設のように新たな店舗が増えるたびに、新客や再来店する人が増えるなど、同モール内の店舗には相互送客によるECの新規顧客の拡大、リピーターの拡大の可能性がある。

コロナ禍のリアル店舗の集客や、ECの新規顧客の獲得で課題をもつ企業に対しては、リアルとデジタルを組み合わせた新しいサービスの展開を提案している。

「そらのうえショッピングモール」で、新しいショッピング体験を楽しんでみては。

ベネリックデジタルエンターテインメントHP:https://benelic-de.com/

※記載された商品名、各製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

カテゴリ