長野県初出店!「パティシエが作ったパン屋さん」の「中洲パン」が諏訪市にオープン

長野県初出店!「パティシエが作ったパン屋さん」の「中洲パン」が諏訪市にオープン


3月24日(木)、JIPをブランド本部とする「パティシエが作ったパン屋さん」が長野県諏訪市に「中洲パン」を出店した。「パティシエが作ったパン屋さん」は、郊外の住宅地で連⽇売り切れの⾷パン専⾨店ブランドだ。

偶然によって生まれたふわふわの食パン



トロけるプリン食感が特徴の食パンの製法は、失敗をきっかけに誕生したという。

ある日、スチームオーブンで食パンの焼成を行う際、間違えてプリン用の焼成ボタンを押してしまったことがきっかけ。出来上がったパンは柔らかすぎて保形性が取れておらず、商品にできる状態ではなかったそう。しかし、試食してみると口当たりの滑らかな新食感のパンが出来上がっていたという。

この経験をもとに同店は、その後半年間の研究と開発を進め「プリン」を焼成するようにじっくりとスチームオーブンで焼き上げた柔らかな口当たりと、トロけるような食感が特徴のオリジナル食パンを完成させた。

定番の食パンに加え新商品が販売



同店の看板商品は、トロけるプリン食感が特徴の2種類の食パン。そのまま食べて美味しい「生食パン」650円(税込)は、北海道産の生クリームや純粋蜂蜜、練乳が使用された極上レシピだ。

「焼き食パン」550円(税込)は、香ばしく焼き上げることで美味しさが引き立ち、ジャムやバターとの相性も抜群の食パン。丹精込めて焼いたパンを⼀番良い状態で⾷べて欲しいとのことで、毎⽇店舗で“焼き⽴て”が販売されている。


ほんのりとした温かさとパンのいい⾹りが楽しめるよう、毎⽇店舗にて焼成が⾏われるので、当⽇分が売り切れ次第営業終了となる。“毎⽇でも何度でも⾷べたくなる味わいのパン”を提供している。

また、新商品の「ハニーキューブラスク」350円(税込)や「甘食」450円(税込)、「コンフィチュール」、「ラビトッツォ」<ミルクリーム>450円(税込)/<苺>480円(税込)/<ピスタチオ>550円(税込)といった、おやつや手土産にも最適な商品も取り揃えている。

なお、4月30日(土)までの期間、オープニングのチラシを持参すると食パン1つにつき100円OFFしてもらえる。

長野県でふわふわの食パンを味わいたいなら、中洲パンへ足を運んでみては。

■中洲パン
住所:長野県諏訪市中洲3189-1 ロックウェーブビル1F
営業時間:9:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休⽇:水曜
カテゴリ