クラフトコーラがこんなに奥深かったなんて…!東京・有明に、全国各地から32種類の厳選シロップが大集合


東京・有明の複合商業施設「有明ガーデン」では、4月2日(土)〜10日(日)の9日間、「クラフトコーラビレッジ」が開催!



クラフトビールメーカーが作るもの、地元食材を使って地域課題の解決に取り組むものなど、さまざまな背景を持つクラフトコーラが全国から大集合します。



商品の販売はもちろん、試飲や手作り体験まで用意され、クラフトコーラの魅力にどっぷり浸れるイベントになっているみたいですよ。



最近よく聞く「クラフトコーラ」ってそもそも何?





最近よく耳にする「クラフトコーラ」。isutaでもさまざまなブランドを紹介してきましたが、最近とっても注目度が高まっているのを感じませんか?



そもそも「クラフトコーラ」とは、“コーラの実”などのスパイスやハーブ、オレンジやレモンなどの柑橘類と甘味料を煮込んで作られたコーラのこと。



原料に着色料や保存料などを含まない、無添加のものが多いのもうれしいポイントです。シロップは炭酸で薄めて飲料として味わうのはもちろん、煮込み料理に使うなど、幅広く楽しめるんですよ。



32種類ものクラフトコーラが大集結!





そんなクラフトコーラが、全国各地から大集結する「クラフトコーラビレッジ」



クラフトコーラマニアの第一人者である“空水りょーすけ”さん監修のもと、32種類ものコーラシロップが一堂に会します。



UMAMI COLA





「UMAMI COLA(うまみコーラ)」(税込1750円/250mL〜)は、麹甘酒をベースに10種類のスパイスとハーブを配合した、ナチュラルなエナジードリンク。



主原料として使われているのは、砂糖ではなくお米を発酵してできた糖分(ブドウ糖)なんです。



スパイスやハーブ、シークヮーサー配合で爽快感のあるお味に仕上がっているから、麹甘酒が苦手な人でも飲みやすいと評判なんだそう。



“飲む点滴”なんて言われることもある発酵飲料を、手軽に味わえるのはうれしいですよね。



屋久島1000年コーラ





「屋久島1000年コーラ」(税込1100円/100mL〜)は、「世界遺産でもある屋久島の魅力を、食を通して伝えたい」という想いから誕生したコーラです。



コンセプトは、“刻(とき)を感じるクラフトコーラ”。



材料には長い刻を経て生成された屋久島の超軟水をはじめ、島に自生するウコン、種子島の黒糖と粗糖を使用するなど、可能な限り屋久島産や鹿児島産のものを選んでいるといいます。



2021年4月に応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」でおこなったプロジェクトでは多くの支援を集め、最終的には目標額の321%を達成した、注目の商品なんですよ。



湧き水のキハダコーラ





奈良県からは、地元で1300年以上続く和漢伝統薬「陀羅尼助(だらにすけ)」をモチーフにした「湧き水のキハダコーラ」(税込1500円/250mL)が登場。



“キハダ”とは、陀羅尼助の主原料である“オウバク”が採取できる、ミカン科の落葉広葉樹です。



そんなキハダの実、そして紫ウコンとスパイスをブレンド。レモンとかぼすの柑橘も合わせ、奈良県天川村の名水「ごろごろ水」で炊き上げて作られたシロップです。



香り高く、刺激的でエネルギッシュな味わいをお試しあれ。



ラララコーラ





つい口に出したくなるネーミングと、レトロなボトルデザインが印象的な「ラララコーラ」(税込1500円/300mL)を開発したのは、兵庫・姫路のヤヱガキ酒造です。



名前の由来となったのは、世界中の音楽に登場する「ラララ」。酒造としての新たな取り組みに対する意気込みを、幅広い年代の方に受け入れてもらえるようにと、堅苦しくなく遊び心あるネーミングで表現したんだそうですよ。



原材料に米麹由来の“米発酵エキス”を使用することで、自然な甘みとコクを実現。完全手作業で製造されている、こだわりの逸品です。



KAME COLA





「KAME COLA(カメコーラ)」は、もともとはコーラが苦手だったという大学生が生み出した、京都発のクラフトコーラです。



初めてクラフトコーラを飲んだときに、スパイスの華やかな香りと刺激に大きな衝撃を受けたのがきっかけで、「コーラが苦⼿な⼈でもおいしく飲めて、体にやさしいクラフトコーラ」レシピの研究をスタート。



そうしてたどり着いたのが、着色料・香料無添加かつノンカフェインで“飲む罪悪感”を感じない、ヘルシーな琥珀色のドリンクです。こちらは現在一般販売されていないようなので、今回のイベントが貴重な機会になるかも…!



カカオ生コーラ





同じく京都のフードブランド「SIZEN TO OZEN(シゼントオゼン)」から登場する「カカオ生コーラ」(税込1620円/320g)は、本来クラフトコーラに欠かせない“コーラナッツ”を使用せずに作られた、ちょっと珍しいシロップです。



コーラナッツに代わりカフェインを補っているのは、コスタリカ産の上質なカカオ。華やかな香りがふわっと広がる味わいと聞くと、1度試してみたくなりますね。



同ブランドからはそのほかに、カカオの外皮(カカオハスク)を使用した「カカオジンジャーレモンシロップ」(税込1620円)や「カカオコーヒー」(税込1188円)などのオリジナル商品も、併せて展開されるそう。



オリジナルのシロップを作れるワークショップも気になる





会場には、まだまだこのほかにもたくさんのコーラブランドがラインナップ。参加ブランドは以下の通りです。



<参加ブランド> ※順不同

UMAMI COLA/Mellow Cola/クラフトコーラシロップ「コーラ・スカッシュ」/CHOICE COLA ORIGINAL CRAFT/知多コーラ/紺金コーラ/Moto Cola 真紅のコーラ/8cco 薬膳醗酵コーラ「覚醒」/瀬戸内三豊コーラ/ラバブルコーラ/カカオ生コーラ/日々乃コーラ/湧き水のキハダコーラ/KAME COLA/出雲SPICE LAB.のクラフトコーラ/銚子灯台コーラ/パーティータイム/北摂スパイスコーラ/おにみみコーラ/11種のスパイス・コーラ/イセカルダモンコーラ/横浜クラフトコーラ/富士山嶺クラフトコーラ/屋久島1000年コーラ/TOKYO クラフトコーラ/高知クラフトコーラsawachina/フジコーラ/アカガミコーラ/キヌヤマコーラ/ラララコーラ/AWAトクシマコーラ/芥川コーク



また、商品の販売だけでなく、クラフトコーラの作り方実演やオリジナルシロップを作れるワークショップまで、その魅力をたっぷり“体感”できるコンテンツが用意されるみたいです。



一部のブランドからは、作り手さんも参加予定とのこと。商品にかける想いや情熱を聞いてしまったら、もうクラフトコーラ沼から抜け出せなくなってしまうかも…。



気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!お出かけの際は、万全の感染対策をお忘れなく。



クラフトコーラ ヴィレッジ

開催期間:4月2日(土)~10日(日)

開催場所:東京都江東区有明2丁目1-8 有明ガーデン モール2F 中央吹抜広場

営業時間:10:00~21:00

詳細:https://www.shopping-sumitomo-rd.com/





カテゴリ