菅田将暉に松本まりか…相次ぐ俳優の“休業宣言” 俳優に依存し過ぎないことが令和の正しい在り方に?

菅田将暉に松本まりか…相次ぐ俳優の“休業宣言” 俳優に依存し過ぎないことが令和の正しい在り方に?

 2月放送のトーク特番『まつもtoなかい~マッチングな夜~』(フジテレビ系)にて、菅田将暉が現在俳優業を休業中であることを明かし、話題となった。他にも、松本まりかが自身のInstagramにて長期休暇を宣言。2018年には小泉今日子が自ら俳優業を休業することを発表している。栄枯盛衰の激しい業界ゆえに、常に第一線を走り続けていくことが責務とされてきた人気俳優たちだが、ここにきて“働き方”に新たな潮流が生まれているようだ。



【写真集カット】ドキドキが止まらない“のぞき見写真”も…ベッドで肌見せする松本まりか



■「仕事を休むってとても勇気がいる…」“水商売”だからこその選択の勇気と斬新さ



 先月放送のトーク特番『まつもtoなかい~マッチングな夜~』にて、菅田将暉が現在俳優業を休業中であることを明かし、SNSでは「突っ走り続けて来たもんねぇ。新婚生活楽しんでほしい」「しっかり休んで無理のないように続けてほしい」「休業はいい判断」などポジティブなコメントが飛び交った。



 松本まりかも自身のInstagramで「何年か振りに、まとまって休もうと思ってます。休みなんていらないと言い続け、頂ける仕事はありがたくて、全て出来ると思って、やりたいと思って、この数年無我夢中で走り続けて来ました(中略)そんな自分が休みを必要とするとは思ってもいませんでした。この、環境が変わった4年が自分にとってどんなだったのか。一回立ち止まって感じてみたい」と投稿。「ゆっくり休んでほしい」「無理は一番よくない」「仕事を休むってとても勇気がいる」などのコメントが多く見られた。



 思えば昭和の時代、芸能界で“休業”を選択することは、ともすれば命取りとなった。例えば、バラエティ番組の王・萩本欽一は人気絶頂の最中(さなか)、1985年に休養。今でもカリスマとして君臨しているが、テレビ復帰直後は低視聴率、番組の打ち切りなどの憂い目に遭った。だからこそユーザーの「仕事を休むのは勇気がいる」のコメントは的を射ている。



 だが昨今は休業を選ぶタレントの数は増加。西野カナは2019年1月に無期限活動休止をする旨を自身の公式サイトで発表。その2ヵ月後、一般男性との結婚も公表した。また中森明菜も2010年に無期限休止を発表するも2014年に一度復帰。体調不良などの理由もあり、現在の時点ではメディア出演はセーブされたままだ。小泉今日子も2018年に俳優・歌手業を休止。同時に、舞台の制作などプロデュサー業に力を入れることを公言していた。



■“役“こそが自分自身 作られた虚像に乗っかることで“自己防衛”できた昭和時代



 かつての俳優といえば「夢を売る商売」だからこそ、与えられる作品を全うすることをよしとされてきた。映画黄金期だった昭和時代、大映のような「一に企画、二に監督、三に俳優」というモットーで作品を制作する映画会社もあり、俳優は作品ありきで動かざるをえなかった。この頃の俳優はあくまでも“商品”であり、“変わりはいくらでもいる”という恐怖心との戦いでもあったろう。したがって俳優としての価値はあくまで作品ありき。作品のキャラクターが俳優を象徴するものでもあった。



 「同時に俳優として長く活躍するためには、俳優としてのイメージを守ることが大事でした」と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。「千葉真一さんや勝新太郎さんなど、私生活までもイメージを裏切らない破天荒さを見せたケースはもちろん、岡田真澄に至っては、実際は家計が火の車であったにも関わらず、自身の俳優としてのイメージを守るため、マスコミの前ではセレブ家族を演出。本当は食事も質素、パーティー会場などに入る際は現場の近くまで軽自動車で。そこで運転手付きのハイヤーを呼ぶなどしていたそうです」(同氏)



 さらには仕事量も驚くべきものだった。37歳で亡くなるまで159本の映画に出た市川雷蔵は「月一本半(の映画撮影)というペースは、とても人間の才能として昇華しきれるものではない」と異議を唱えていたことが当時の後援会の機関紙のエッセイに残っている。「また、怪我や病気などについても、それで仕事を休むというのはあり得ない話であり、中でも松田優作さんは伝説。ハリウッド映画『ブラック・レイン』では、撮影当時から癌に侵されていたが、延命治療より撮影を選択。結果、公開直後に逝去されました」(衣輪氏)



 俳優の中には、スターであり続けなければならないという無意識の強迫観念もあったかもしれない。その恐れを自ら創造した俳優像に敢えて乗り、自己防衛してきた者も大勢いただろう。それが昭和のスターの宿命であり、だからこそ鬼気迫ったエピソードも作品、芝居も多かった。当然、それも人気につながった。



 だが映画産業が傾き始めると、そうも言っていられなくなり、先述の岡田真澄のような虚像を作るケースも生まれた。一方で、松田優作も黄金期の銀幕に相当憧れたタイプの一人。「『松田優作物語』(ヤングチャンピオンコミックス)には、狂気の役でさんざん女優を蹴る芝居をした結果、優作さんは、自身が癌でも撮影に臨んだように“役者とはそういうもの”という信念のもと、女優が動けなくなるほどになった蹴る芝居を続けたにも関わらず、駆け寄ることなく平然とその場を去ったという壮絶なエピソードが描かれています」と衣輪氏は語る。



■コンプラ強化に暴露系の台頭…セルフブランディングこそが“予防措置”として機能



 だが昨今は芸能界でも働き方改革が起こっている。そもそも役柄に没入する、芝居をする役者業は、かなり精神を圧迫するものであり、その均衡を保てず悲劇の道を選んだ俳優も多い。肉体的・精神的ケアやマインドリセットが重要なのだ。「内田有紀さんも休養期がありましたが、そこで虚像であった今までの自身に気づき、復帰後は自分と向き合えたと語ってくれました。それが今のお芝居の評価につながっているのだと思います」(衣輪氏)



 また作品で語られることの多かった“俳優としての価値”が、SNSの普及や多角的な活躍により変化。本業とはまた別の軸でしっかりと価値を見出せるようになった。SNSで言えば、広瀬アリスや吉高由里子などが積極的に投稿。セルフブランディングで言えば、菅田将暉、池田エライザ、北村匠、星野源、松下洸平などはアーティスト、映画監督など俳優一筋ではない表現を魅せている。これには俳優以外での活躍に価値を築くことで、自分のペースで自分の価値を作ること、そして俳優に必要以上に依存せずにいられるというメリットがある。



 またSNSの普及によりプライベートを露呈する機会も増えたことにより、炎上問題など、自制が求められ自分で自分を追い詰めるパターンもある。昭和の時代には破天荒な“伝説”として語られてきたが、今のご時世、ストレス発散のために繁華街で乱痴気騒ぎを起こそうものなら、即座にネットに晒されてしまい、俳優生命を脅かしかねない。



 そういったストレス発散すらままならない俳優たちが長く活動するための予防措置として、俳優である自分を否定する(いったん立ち止まる)ことがより重要になってくる。菅田将暉もインタビューで「立ち止まったことで、周りの声が聞こえるようになり、よりエンタメに向き合えるきっかけとなった」と話しており、そうした意味では菅田は、例え旬の時期でも「未来のためには自ら立ち止まることは大切だ」ということを広く世に伝えた、エポックメイキングな存在と言えるだろう。



 売れっ子になればなるほど、役を演じる重責や肉体的・精神的疲労は大きくのしかかっていく。もはや、今は役者が役を演じることだけが美徳とされた時代ではない。「無理をしないこと」で、彼らが休養によって得たものが芝居や作品に深みを与えるはず。そして、彼らの動きが、芸能界の在り方に、さらにポジティブな変化をもたらすことは間違いないだろう。



(文/西島亨)
カテゴリ