ビルケンサンダル、あなたはいくつ持ってる?季節問わずに履けるボストンは春のお散歩コーデに最適かも


3月も折り返し。外に出ると春の匂いがだんだんと香ってくるようになりましたね。



暖かい季節が近づくと、何となくふら~っとお散歩したくなりませんか?



そこで今回は、お散歩するのに丁度いいBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)の「ボストン」を、色別にご紹介していきます。



春の足元コーデの参考にしてみてくださいね。



ソールとのコントラストがかわいい「トープ」





@mekur_o / Instagram



まずご紹介するのは、ビルケンの定番カラーとも言える「トープ(税込2万900円)」。



ミルクティーのようなくすんだベージュが、スウェードレザーならではの柔らかい質感をより際立たせます。



また、焦げ茶色のアウターソールとのコントラストが効いていておしゃれですよね。



まだボストンを持っていないという方は、定番カラーの「トープ」から挑戦してみるのもいいかもしれません。



ホワイトコーデのバランスをとる「カーキ」





@iii_iiioa / Instagram



次にご紹介するのは、トープより若干白っぽく、全体的に薄みがかった色が印象的な「フェイディッド カーキ(税込1万8700円)」。



ボストンは基本、どんなパンツにも合わせやすいサンダルですが、特に「フェイディッド カーキ」は薄い色味を基調としたコーデや、画像のようなホワイトコーデにぴったり馴染む1足なんですよ。



アッパー部分とアウターソールが類似色ということもあり、さりげなくシンプルな足元を演出してくれます。



どんなスタイルも型にハマる「ブラック」





@1118p_i / Instagram



続いてご紹介するのは、マット感のある見た目が大人っぽい、ビルコフロー ヌバックの「ブラック(税込1万6500円)」。



他の色と比べてスタイリッシュに魅せることができる黒色は、足元からコーデを引き締めてくれます。



ちなみにこちらのサンダルは、スウェードレザーではない、ビルコフローという合成皮革が使用されているため、雨や水に強く、お手入れも簡単なんだとか。



汚れを気にせず、かっこよく履きこなせるサンダルをお探しの方に、是非おすすめしたい1足ですよ。



あえての渋めカラーがグッとくる「モカ」





@suginoyui / Instagram



最後にご紹介するのは、シックな雰囲気を漂わせる「モカ(税込2万900円)」のスウェードレザー。



最初にご紹介したトープとカーキの色味とは対照的な、深みのある茶色が印象的ですよね。



上の写真のように、ドロストパンツと個性的なソックスを合わせることで、ラフなのに奥行きのあるおしゃれな足元に仕上がります。



あえて渋めカラーを選んで、抜け感のあるスタイルに挑戦するのも楽しそうですよ。



1年を通して履けちゃう「ボストン」が好き!



今回は、ビルケンシュトックの「ボストン」をカラー別にご紹介しましたが、いかがでしたか?



「ボストン」のぽってりとしたフォルムは、どのカラーもかわいくてイロチで揃えたくなりますよね。



他にもいろいろなカラーや素材のものがラインナップしているので、気になる方は是非オンラインストアをチェックしてみてください。





カテゴリ