小学生が子ども目線で作った「日本で一番ニッチ」な地域の魅力発信アプリを公開

小学生が子ども目線で作った「日本で一番ニッチ」な地域の魅力発信アプリを公開


生駒市立生駒南第二小学校が、1年間かけて開発を行ってきた魅力発信Webアプリ「にしょロボくん」が3月15日(火)に完成。

市内外多くの人に生駒南第二小学校区の魅力を知ってもらうために、3月23日(水)から一般公開がスタートした。

奈良先端科学技術大学院大学と共同開発



同アプリは、世界の第一線で活躍する奈良先端科学技術大学院大学の松田裕貴助教と生駒南第二小学校の全児童と全教員が、何度もミーティングを重ね、システム開発や機能追加、情報の収集・入力などを協働で行ってきたという。

また、情報収集では地域ボランティアの人達がメンターとして各チームに参加。デザインやキャラクターづくりは市民団体「CODE for IKOMA」のサポートで実現した。

アプリの特徴


同アプリには、小学生目線で集めた、狭く・深く・おもしろい「ここにしかない」リアルな地域情報が500以上掲載されている。

「もっと知りたい」と思わせるクイズ形式や、すべてのユーザーが操作しやすい仕様になっている点も特徴だ。また、同アプリは無料で利用できる。

掲載情報例



たとえば「学校(地域ボランティア)では、読み聞かせに来る人は1年間に何人いる?」「竜田川では、井堰でせき止められた水はどこの田まで届いているでしょう?」「お店では、生駒萩の台郵便局には、なぜお菓子が置いてあるの?」「公園では、秋になると萩の台第三公園で見ることができるものは何でしょう?」「生駒の昔話では、どうして暗峠と呼ばれているでしょう?」「スポーツ・遊びでは、1年生のクラスで流行っている折り紙。一番人気の色は?」などの情報が掲載されている。

生駒市に引っ越しを考えている子育て世代、生駒市民でおもしろい情報を探している人、週末に生駒市に遊びに行きたい人、生駒市に行けないが興味がある人などを想定し、掲載情報が作られているという。

奈良先端科学技術大学院大学と生駒南第二小学校が共同開発した「にしょロボくん」をチェックしてみては。

「にしょロボくん」URL:https://nishorobo.iopt.jp/
カテゴリ