『仮面ライダーゲンムズ2』制作決定 岩永徹也、檀黎斗は「ライフワーク」 “ラヴリカ”小手伸也も出演

『仮面ライダーゲンムズ2』制作決定 岩永徹也、檀黎斗は「ライフワーク」 “ラヴリカ”小手伸也も出演

 『仮面ライダーゲンムズ』第2弾となる『スマートブレインと1000%のクライシス』の配信が東映特撮ファンクラブ(TTFC)で正式に決定した。17日から配信スタートとなる。



【動画】『仮面ライダーゲンムズ -ザ・プレジデンツ-』予告編



 もともと『仮面ライダーエグゼイド』公式ツイッターが2018年4月1日にツイートしたエイプリルフールネタの『仮面ライダーゲンムズ』。それが昨年4月に東映特撮ファンクラブオリジナル作品『仮面ライダーゲンムズ -ザ・プレジデンツ-』として現実のものに。『仮面ライダーゼロワン』の天津垓(桜木那智)と、『仮面ライダーエグゼイド』の檀黎斗(岩永徹也)、檀正宗(貴水博之)の社長対決を描いた『仮面ライダーゲンムズ -ザ・プレジデンツ-』は大きな話題を集めた。



 『スマートブレインと1000%のクライシス』では、前作から引き続き檀黎斗が登場。ただし、その容姿はいままでと違っていて…。そして、きのう4月1日発表されたエイプリルフールネタであった『仮面ライダーラヴリカ』こと天ヶ崎恋(小手伸也)も登場することも決定。幻夢コーポレーション3代目の社長であったラヴリカの登場で、物語は意外な方向に…。



 また、「スマートブレイン」といえば、『仮面ライダー555(ファイズ)』に登場した企業の名前。そして「100%」といえば、天津垓の代名詞。続報から目が離せない。



■コメント

【岩永徹也】

 昨年の『仮面ライダーゲンムズ -ザ・プレジデンツ-』から1年。またもや、檀黎斗が帰ってきます。僕は俳優を始めたばかりのころ、「当たり役」が欲しいと思っていました。檀黎斗という強烈なキャラクターに出会えたのは、まさに僕にとって幸運でした。檀黎斗を演じることは、自分のライフワークのひとつ。いつまでも、この「仮面ライダー」の世界で暴れていきたいです。



 『仮面ライダーゲンムズ -ザ・プレジデンツ-』は、檀黎斗と父・檀正宗との、長きにわたる「父子の確執」に決着をつけた作品でした。今回の作品では、また新しいステージへと向かう檀黎斗がお見せできると思います。前作をひとつの「卒業式」とするならば、今作は「始業式」。新展開の連続で、びっくりされるんじゃないでしょうか。ファンのみなさんの想像を、はるかに超えるような内容の作品が出来ました。配信開始を楽しみにしていてください!



【小手伸也】

 東映特撮ファンクラブのラブリーボーイズ&ガールズ▼また会えたね! 座右の銘は「世界中にアイ・ラブ・ユー」。天ヶ崎ぃ…恋です!! 完全消去されたデータも復元は可能である、そんなデジタル情報の危うさに警笛を鳴らすべく、愛の戦士が愛の力(主に皆様の)によって今ここに復活! …まぁできれば(?)本当にライダーとして復活したかったのですが? こうしてまた「天ヶ崎恋」が作品に登場できたことは光栄と申しますか、そもそも東映にあの白スーツがまだ残っていたことに驚きましたし、それを普通に着られた自分にも驚きました(笑)。



 最近では戸次さんにツダケンさんが声を当てたことで僕を思い出してもらえたり(笑)、それだけ皆様の記憶に残るキャラを生み出せたことは、俳優としてとても幸せなことですし、『仮面ライダーエグゼイド』との出会いには未だに感謝しております。今回の復活劇、どうぞご期待ください! あと出落ちとか絶対に言わないでね(笑)!

▼=ハートマーク



■『仮面ライダーゲンムズ -ザ・プレジデンツ-』あらすじ

 ZAIAエンタープライズジャパンの社長であった天津垓がゲーム病に感染し、完全復活を目指すバグスターウイルスとなった幻夢コーポレーションの2代目社長・檀黎斗と対決する。そこに幻夢コーポレーションの初代社長であり実父である檀正宗のバグスターウイルスも現れて戦いを繰り広げ、最後は檀黎斗、檀正宗ともに消滅した…。

カテゴリ