神尾楓珠×西野七瀬・平祐奈・馬場ふみか、“恋について語り合う”場面写真

神尾楓珠×西野七瀬・平祐奈・馬場ふみか、“恋について語り合う”場面写真

 秋★枝による同名人気漫画を、神尾楓珠主演、西野七瀬ヒロインで映画化した『恋は光』(6月17日公開)より、西野、平祐奈、馬場ふみかそれぞれが、神尾と“恋について語り合う”シーンの場面写真が到着した。



【画像】平祐奈、馬場ふみかの出演場面など



 原作は、「ウルトラジャンプ」で連載された、秋★枝による同名漫画。“恋をしている女性が光を放ってキラキラして視える”という特異な体質を持つ男子大学生の初恋を描き、主人公たちよる“恋って何だろう?”という「恋」の定義について考察が読者の共感を誘った。



 “恋の光”が視えてしまう大学生・西条(神尾)にずっと想いを寄せながらも、「光っていない」と言われたことで、自分の想いを打ち明けられず、幼なじみポジションから抜け出せない北代(西野)。気心が知れて何でも相談できる幼なじみだからこその距離感と空気が、心地よくも時に切なさを感じさせる。



 一方、西条と同じく恋愛経験が無く、文学や古典作品を読み漁りながら、純粋に恋を探究する東雲(平)。「恋というものを知りたくて―」という東雲を、「恋の定義をしてみませんか?」と交換日記に誘う西条。街を歩きながら、恋についての分析や考察をする硬派な二人の会話は独特で純粋そのもの。興味深い分析と定義には、思わず納得してしまう部分も…?



 そして、人の彼氏を奪いたくなってしまう悪癖を持ちながら、本当は素直に恋をしたいと思う宿木(馬場)。北代や東雲から西条を奪おうと二人きりで飲みに誘い、猛アプローチをかけるが、冷静に宿木の恋愛観を分析する西条を奇異の目で見つめるシーンも切り出されている。
カテゴリ